投資で負ける人に共通する5つの特徴とは?

どうも、木村です。

 

僕の投資家としてのデビューはFXでした。

 

FXのトレーダーとして初めて成功したんですよね。

 

こちらのレポートでも書いていますが、

僕はそれまでFX以外のありとあらゆるビジネスでは

全く稼ぐことができませんでした。

 

まさに連戦連敗。

 

そのときに学んだのが、ビジネスにしろ投資にしろ、

「自分に合ったものを実践しなければ稼げない」

ということ。

 

そこで、僕は自分の性格や理想にマッチした稼ぎ方を探したんですが、

それがずばりFXだったんですよね。

 

ただ、じゃああなたもすぐにFXで勝てるようになるかというと

答えはNOです。

 

なにせFXでは

95%のトレーダーは稼げないんですから。

その事実はちゃんと見ないといけないですよね。

 

あなたがFXで稼げるようになるには、

負ける95%ではなく、勝てる5%の方に入らないといけないのです。

 

では、一体なぜFX投資では勝てる5%と負ける95%に分かれてしまうのか?

 

今回は上記のレポートでも明かしていない

その秘密をお話していきたいと思います。

 

負ける理由①:投資に本気で取り組んでいない

 

はっきり言って

ほとんどの人はFXについてまともに勉強していません。

 

というのも多くの人がFXを始めようとする理由が

ネットや雑誌の怪しげな広告を見たりして

「簡単に儲かるって聞いたから」

そんな感じなのです。

 

ようするに、ほとんどの人は

FXに本気で取り組んでいないのです。

 

確かに実質的なFXのトレードに費やす労働時間というのは

普通の会社員なんかに比べたらめちゃくちゃ微々たるものですよ。

 

そういうFXの一面を見たら

確かに「FXは楽に稼げるんだ」と錯覚してもおかしくないです。

 

でも、そうやって一瞬のトレードで数万、数十万、数百万と稼ぎ出すためには

「FXで勝つための正しい知識」

をちゃんと身に着ける必要があります。

 

そこに時間を投資しないといけないわけですよ。

 

たとえばプロ野球選手になって成功すれば

年間数億とかの収入が手に入りますよね。

 

でも、プロ野球選手になるには幼いころから

何千時間とハードな練習を積み重ねないといけません。

 

その結果、プロとして成功できる。

 

逆にそれがなければプロとして成功するのはもちろん、

プロにすらなれない。

 

でも、そんなの当たり前ですよね?

 

スポーツでも勉強でも何でも

努力しないで成功できるわけがない。

 

みんな言われてみればそうだと必ず納得するはずです。

 

でも、これがFXになるとなぜか多くの人は

「努力しなくても稼げる」と錯覚してしまうんです。

 

まあ、もともとそういう甘い言葉で誘惑する

怪しい広告を見てこの世界に入ってきたのであれば

そう考えてしまうのもわからなくはないんですけどね・・・

 

でも、僕のブログを読んでくださっているあなたは

ここでしっかりと意識を変えましょう!

 

つまり、FXで稼ぐために

「本気」で努力しようってことです。

 

負ける理由②:チャートパターンの知識がない

 

では、FXで必要な「スキル」っていったい何なんでしょうね?

 

それをこれから見ていきましょう。

 

「勝つための武器」=「手法」を学ぶこと

 

為替相場の動きにはある一定の「パターン」があります。

 

それさえわかっていれば、

次は上がる、もしくは下がるとか、

値動きをある程度「予想」することが可能になります。

 

なぜそんな予測が成り立つのかというと、

FXトレーダーはみんな同じ「チャート」を見てトレードしているわけなので

その中で

「多くの人が同じように反応してしまうチャートの形」

というのが必ず出てくるわけですね。

 

だから、それが出てきたときの

チャートの向こう側にいる人たちの集団心理が読めさえすれば、

勝率を各段に引き上げることができます。

 

これがもし機械がランダムに為替レートを上下させているのであれば

誰にも次の値動きを予測することは不可能ですが、

実際に取引しているのは機械ではなく

感情を持つ「人」です。

 

今年ピコ太郎が大ブレイクしましたが、

それは統計的に多くの人が

「おもしろい」と感じるネタを彼がやったからですよね。

 

映画の「君の名は」が流行ったのも

その演出やストーリーが

多くの人が感動するものだったからです。

 

つまり人間である以上、

物事に対する「考え方」や「感じ方」はある程度似かよるわけです。

 

優れたトレーダーはそれをよく理解しているからこそ

大衆心理の動きを予測しながら取引します。

 

たとえば、

「このチャートの形なら上がる場合はだいたいあの位置まで上がって

下がる場合はだいたいこの位置まで下がる。

さらに、上がった場合もしくは下がった場合の

儲けられる額と損する額を比較すると

この局面なら十分エントリーする価値があるな」

 

↑FXで勝てる(稼げる)トレーダーは脳内でここまで思考を巡らせて

エントリーするかどうかを判断しているのです。

 

決して勘に頼ったトレードはしません。

 

「あらゆる可能性を考えたときに

ここなら十分取引きする価値がある」

 

と判断した場合だけエントリーするのです。

 

だからこそ、トレーダーは

まずは自分のトレードの指針となる

『手法』をしっかりと理解し、

相場の動きをある程度読めるようになる必要があるのです。

 

負ける理由③:負けた時のことを考えていない

 

手法だけを学んでも勝てない理由

 

今FXで勝つためには「手法」を学ばなければならないとお伝えしました。

 

そうすることで勝つ確率を最大にすることができるからです。

 

しかし、実は手法、つまり「勝ち方」を学ぶだけでは

FXで「稼ぐ」ことはできないんですね。

 

多くの人はFXで「勝つ」=「稼ぐ」だと思っています。

 

しかし、実はこれは大きな勘違いなんですよ。

 

というのも、FXという競技の特性上

どんなに手法を学んでも

 

そのセオリーに当てはまらない局面は必ず現れるので、

すべての取引で勝つことは不可能だからです。

 

どんなに優れたトレーダーでも

勝てるのはせいぜい6割です。

 

であれば、FXで「稼ぐ」ためには、必然的に

負けた時のこと

も考えておかなくてはいけないということなんですね

 

そこで大事になってくるのが

『損切り』です。

 

「損切りを制する者は FX を制する」

 

と言っても過言ではないと僕は考えています。

 

たとえば10000円で買ったものの

しばらくして9000円になってしまった。

なのでもちろん嫌ですが、9000で売ることにします。

 

結果、1000円の損です。

 

でも1000円で損切りするのが嫌だと言って損切りしなかったら

損失は 2000円、3000円とどんどん膨らんでいきます。

 

95%のFX負け組は負けが小さいうちに損切りできず、

ある時収集のつかない大負けをして

為替市場から退場させられることになります。

 

でも、それはしょうがないことで、

なぜなら人は負けが大きくなればなるほど

損を確定することができなくなってしまうからです。

 

「また値が戻ってくるはずだ」と考えてしまう。

 

これを心理学で

「プロスペクト理論」と言います。

 

だから「損が小さいうちに決済する」

判断の早さが一番重要です。

 

エントリー前に

「損切りライン」をしっかり設定していれば、

損失はあなたの設定した額で済みます。

 

これはFXだけでなく、どんな投資にも言えることですが、

常に「損する可能性」

を想定してそれに対して準備をしておかなければなりません。

 

それがいわゆる「リスクヘッジ」になります。

 

FXの場合は今話した「損切り」の値を

事前にしっかり決めておくことが

リスクヘッジになります。

 

損切りができない人は

どんなに手法を学んでも絶対にFXで稼げるようにならないので

必ず身に着ける必要があります。

 

負ける理由④:資金管理ができていない

 

FXでの勝ち方は突き詰めると、

「いかに損を小さく抑えて利益を大きく伸ばすか」

これに尽きます。

 

これを『損小利大』と言います。

 

これは僕の意見ですが、FXで稼げるかどうかは

損小利大のトレードを実行できるかどうかで8割方決まります。

 

これができる人が一回のトレードで数十万という壁をぶち抜き、

逆にこれができない人には「破産」という最悪の未来が待っています。

 

では、具体的にどうすればよいかというと、

損小利大になるように

資金を管理しながらトレードするということです。

 

勝つ時は平均4万円

負ける時は平均2万円

というようなトレードですね。

 

そうすればたとえば10回取引をして

6回負けて4回勝ったとしても

1回の取引で勝つ時が4万円、負ける時が2万円なら

 

6×2万円=12万円の負け

4×4万円=16万円の勝ち

で、結果4万円の儲けになります。

 

これなら勝率4割で「負け越し」たとしても

お金はちゃんと増えていきます。

 

「FXで勝つのと稼ぐのは違う」

とはこういうことです。

 

そして、FXは負ける金額も勝つ金額も

自分で自由に設定することができます。

 

2万円負けたら自動で即決済。

8万円勝ったら自動で即決済。

ということが可能なのです。

 

見ていると中には

このような資金管理を全く意識せずに

いつもテキトーな金額で利確し、

テキトーな金額で損切りしてる人が大勢います。

 

そんなやり方ではまぐれで儲かることはあったとしても

絶対に長期にわたって相場の世界で生き残ることはできません。

 

稼ぎ続けたければ、

常に「損小利大」になるようなトレードルールを自分で作り、

それをきちんと守ってトレードする必要があります。

 

負ける理由⑤:規律が守れていない

 

ここまでFX のトレード手法や

リスクヘッジの方法について触れてきました。

 

これらをきちんと理解し、

そして実践していただければ、

あなたは必ず95%の負け組トレーダーを抜け出すことができます。

 

しかし、FXをやっていると必ず

「頭ではわかってるんだけど損切りできない」

とか、

「ついつい決めたところとは違う場面でエントリーしてしまった」

ということが起こってきます。

 

多くのトレーダーは

自分で決めたトレードのルールを守ることができないのです。

 

その結果、負ける。

そして稼げずに為替市場から退場する。

 

そこで、あなたは何よりもまず初めに

自身が決めたトレードルールをきちんと守れるように

「自分の心を律する力」を磨かないといけません。

 

これはトレードだけでなく、

仕事や勉強など日常から鍛えることができる部分ですよね。

 

僕も自分のメンタルを鍛えるために、

そっち系の専門書には常に投資をしていますし、

中には普段プロアスリートを指導しているメンタルトレーナーを

コーチにつけているような人もいます。

 

 

トレード手法も、リスクヘッジのための理論も

すべてメンタルが伴っていないと実践はできないということを

ぜひ覚えておいてください。

 

まとめ

 

さて、ここまでFX、投資で「負ける」トレーダーの

5つの共通点をお話しさせていただきました。

 

負けるにも勝つにも

そこには必ず「理由」が存在します。

 

今回あなたはFXで「負ける理由」を理解できたわけですから、

これからはその逆を行けるように

常日頃から心がけていただければと思います。

 

今ならこの他にもFXで稼ぐ方法を無料でレクチャーしているので

もしよかったらご登録ください!

http://investor-cc.com/mailmagazine

 

木村

 
■常識に従って生きている限り、人は常に損をする


僕は28歳にして年収で6800万円を稼いでいます。



そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。



中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。



でも、僕はもともと賢かったわけでも、

能力が高かったわけでもありません。



むしろ、優秀な兄妹の中で

自分だけ平凡以下の成績しか出せず、

大学にも落ちてしまいました。



まさに劣等感の塊。



そんな僕でも稼ぐための知識と

知恵を学んだことで自信を得て、

今では6800万円稼げるようになりました。



その秘密を今だけ以下のページで公開しています。



⇒28歳で僕が年収6800万円稼げるようになった理由

ccfooter

↑これから最短で投資家として成功したい方はぜひご購読ください(無料です)。

知らないと損するメルマガ

ccmail

はじめての方へ

ccmail

FXを学びたい方におすすめ記事一覧

不動産投資を学びたい方におすすめ記事

人気記事まとめ

ccmail

LINE@登録者限定プレゼント


↑PCの方は「@cherry_coke」でID検索!

SNSで繋がりましょう!

FacebookBanner

TwitterBanner

mixiBanner

スクリーンショット 2016-05-07 16.47.10

【漫画】コンサル生に成功法則をガチ指導

初心者用レポート集

『年収1000万エリート投資家への最初の教科書』



『木村がFXで成功できた4つの理由』



『マイナス金利から読み解く!今、日本人が投資をしなければならない理由』

PAGE TOP