投資信託の失敗しない選び方を学んで絶対に資産1億円を達成しよう!

どうも、木村です。

 

前回初心者が必ず守らなければならない

『投資3原則』についてお話しました。

 

この話を聞くことで、余計に僕が初回に話した

『年利10%の投資信託に毎月数万円ずつ積み立てる』

という手法が的を得ているかを理解してもらえたと思います。

 

ただ、今回お伝えしたいのが

「投資信託ならなんでもいいわけではない」

とうことです。

 

というか、むしろ99%の投資信託を購入しても

思うようにお金を増やすことはできません。

 

でも、そりゃあそうですよね。

 

もし反対にほぼすべての投資信託が

確実に利回り10%を維持してくれるのなら

日本人全員が何かしらの投資信託を買ってます(笑)。

 

ただ、安心して欲しいんですけど

「確実に利回りを出せる投資信託かどうか」

を見分ける方法はあります。

 

今回はそれをお話しするので、

ぜひあなたが投資信託を購入する際は

この方法を使って本物か偽物か見極められるようにしてください!

 

①毎月分配型を選ぶ

 

まずは基本的なところですが、

投資信託を買う際は必ず投資家に対して毎月分配金が出るもの、

つまり『毎月分配型』のものを選ぶようにしてください。

 

毎月分配型の案件であれば初心者の方でも利益が出しやすいので

僕は自分のコンサル生にはこれを徹底的に教えています。

 

たとえば10000円を投資したら

毎月100円もらえる投資信託があったとします。

 

このもらえる100円が分配金というわけです。

 

年間に換算すると100円×12ヶ月なので1200円の分配金ですね。

 

年間の利益が12パーセントということです。

 

ただし、分配金がもらえるからといって、

すべての案件が稼げるわけではありません。

 

日本の投資信託は3000件以上ありますが、

その中でちゃんと利益が出るのは30件ほど。

 

つまり100分の1程度しかないのです。

 

なので、たとえばあなたも証券会社や銀行の営業マンから

「投資信託どうですか?」

と勧められたことがあるかもしれませんが、

彼らの持ってくる案件が「当たり」であることは

まずないと思ったほうがいいです。

 

もちろん、3000件ある中から自分でテキトーに

「これだ!」と選んでも当たるわけないですよね(笑)。

 

つまり、あなたが投資信託で10%以上の利回りを出すためには

ちゃんと自分で「稼げる投資信託の基準」を理解し、

その基準に照らし合わせて一個一個選別していくしかないのです。

 

②『請求目論見書』をチェックする

 

では、どうすれば当たりかそうでないかわかるのでしょうか?

 

それを見分ける鍵を今回は特別に教えちゃいますね!

 

それはずばり、『請求目論見書』をチェックことです。

 

これは「投資信託のパンフレット」みたいなもので、

探せばネット上でも無料で簡単に見ることができます。

 

ここには投資信託の「収支」がすべて記されています。

まさに投資信託の「家計簿」みたいなものです。

 

投資信託というのはようするに、

ファンドが投資家から集めた資金で作った利益があって、

そこから運用手数料などもろもろのコストが引かれて

残りが僕たちお金を預けた投資家たちに

分配されるという仕組みになっています。

 

で、『請求目論見書』は家計簿ですから、

これを見ればそのファンドが

いったいどれくらいの運用益を出していて

その中からいったいどれくらいの額を投資家たちに還元しているのか、

そういう「お金の流れ」を全部把握することができるのです。

 

そして、その中でも見るべきポイントは2つ。

 

「分配準備積立金」

「分配対称収益」ですね。

 

これらはめっちゃ平たく言えば

分配金を出すためにファンドが準備してるお金です。

 

これらの資金に余裕があればあるほど、

そのファンドは安全です。

 

逆にこれらがカツカツな投資信託は危険です。

 

常に自転車操業で回しているということなので、

いつ分配金が出せなくなるかわかりません。

 

はい、以上が安全な投資信託かどうかを見極める肝です。

 

普段はコンサル生にしか言わないことを特別にお伝えしたので、

ぜひ活かしてくださいね!

 

とにもかくにも

証券会社や銀行マンの言うことを鵜呑みにしてはダメです。

 

彼らはただの営業マンですから、

自分たちが委託されてる商品を売りたくて必死なのです。

 

そんな彼らの言葉に騙されないように、

ちゃんと自分の目で請求目論見書を確かめる。

 

これが投資信託で確実に10%の利回りを出す鍵です。

 

ちゃんとした選び方をすれば

分配金が年利10%の投資信託は必ず見つかります。

 

実際に僕のコンサル生さんは

ちゃんと10%の利益を出してますからね。

 

あなたもここまで話したことを忠実に守って、

1億円の資産を築くという目標に向かって進みましょう!

 

次回:30年も待ってられない!!1億円の資産を作るスピードを倍加する唯一の方法

 

チェリーコーク(木村)

 
■常識に従って生きている限り、人は常に損をする


僕は28歳にして年収で6800万円を稼いでいます。



そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。



中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。



でも、僕はもともと賢かったわけでも、

能力が高かったわけでもありません。



むしろ、優秀な兄妹の中で

自分だけ平凡以下の成績しか出せず、

大学にも落ちてしまいました。



まさに劣等感の塊。



そんな僕でも稼ぐための知識と

知恵を学んだことで自信を得て、

今では6800万円稼げるようになりました。



その秘密を今だけ以下のページで公開しています。



⇒28歳で僕が年収6800万円稼げるようになった理由

ccfooter

↑これから最短で投資家として成功したい方はぜひご購読ください(無料です)。

知らないと損するメルマガ

ccmail

はじめての方へ

ccmail

FXを学びたい方におすすめ記事一覧

不動産投資を学びたい方におすすめ記事

人気記事まとめ

ccmail

LINE@登録者限定プレゼント


↑PCの方は「@cherry_coke」でID検索!

SNSで繋がりましょう!

FacebookBanner

TwitterBanner

mixiBanner

スクリーンショット 2016-05-07 16.47.10

【漫画】コンサル生に成功法則をガチ指導

初心者用レポート集

『年収1000万エリート投資家への最初の教科書』



『木村がFXで成功できた4つの理由』



『マイナス金利から読み解く!今、日本人が投資をしなければならない理由』

PAGE TOP