イギリスのEU離脱ってなに??

こんばんは

チェリーコークです!

 

今日は今週もっとも大きなニュース

イギリスがEU離脱したこと

について書いていきたいと思います!

 

 

このことについては為替取引をやっているやっていないかかわらず、
ニュースで大きな話題になっていましたので、皆さん知っているかと思います。

イギリスがEUを離脱 するか? しないか?

これがどういうことなのか話して行きます!

 

まず、EUとは何なのか?

と言うことです!

EUとは、欧州連合のことであり、
経済的および政治的協力関係を持つ民主主義国家の集まりのことを指します。
EU加盟国は現在28カ国あり、その国がみな主権国家です。
その主権の一部を他の機構に譲るという、
世界で他に類を見ない仕組みがEUと言うものです。

そのEUからイギリスが離脱するのか?
と言う国民投票が6月23日(結果発表は日本時間24日)に行われました。

ここで、重要となってくるのが

EUを離脱することによって生まれる
イギリスへのメリット・デメリットなのではないかと思います。

それは以下になるのではないかと思います!

離脱のメリット

・EU(欧州連合)のルールから解放される
・移民制限ができる
・イギリスから見た、マイナス要因の国と離れることが出来る
・EUに献上していた税金を自分たちのために使える
・独立国として自由なルールで貿易ができる

離脱のデメリット

・イギリスの通貨であるポンドの価値が下がる
・EU離脱により、国外企業がイギリスから撤退
・失業者の増加
・最悪の場合、メリットが消し飛ぶくらい経済が悪化
・失敗した時にEUからの経済的援助を期待できない
・スコットランドの独立機運が高まる

 

このような事があげられると思います。

 

現に、イギリスは離脱してしまったわけですが

離脱すると様々な影響が見られるようになってきます。

一番の影響が見られたのはポンドの下落ですね!

これは要するに、
『イギリス経済ヤバイんじゃないの?』
ということから、
英通貨であるポンドを手放す人が
世界中で沢山出てきてパニック状態になったということです。

当然、イギリスに工場がある企業や、
輸出産業をメインとした企業の先行き不安から、
日経株価も大幅下落で大荒れでしたね。

この土日の2日間で『イギリス EU離脱』
というワードでのニュースが沢山流れた影響もあるので、
週明けの明日、月曜日はまたエライことになるかもしれませんね。。。

また今後、どのようにイギリスが対処していくのかによって

為替の動きは大きく変動してくると思います。

 

皆さん、為替の動きには十分気をつけながら取引を行ってくださいね!

 

では、今日はこの辺で失礼します(^^)

 
■常識に従って生きている限り、人は常に損をする


僕は28歳にして年収で6800万円を稼いでいます。



そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。



中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。



でも、僕はもともと賢かったわけでも、

能力が高かったわけでもありません。



むしろ、優秀な兄妹の中で

自分だけ平凡以下の成績しか出せず、

大学にも落ちてしまいました。



まさに劣等感の塊。



そんな僕でも稼ぐための知識と

知恵を学んだことで自信を得て、

今では6800万円稼げるようになりました。



その秘密を今だけ以下のページで公開しています。



⇒28歳で僕が年収6800万円稼げるようになった理由

ccfooter

↑これから最短で投資家として成功したい方はぜひご購読ください(無料です)。

知らないと損するメルマガ

ccmail

FXを学びたい方におすすめ記事一覧

不動産投資を学びたい方におすすめ記事

人気記事まとめ

ccmail

はじめての方へ

ccmail

SNSで繋がりましょう!

FacebookBanner

TwitterBanner

mixiBanner

スクリーンショット 2016-05-07 16.47.10

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

【漫画】コンサル生に成功法則をガチ指導

LINE@登録者限定プレゼント


↑PCの方は「@cherry_coke」でID検索!

もっとも人気のある記事ベスト5

初心者用レポート集

『年収1000万エリート投資家への最初の教科書』



『木村がFXで成功できた4つの理由』



『マイナス金利から読み解く!今、日本人が投資をしなければならない理由』

チェリーコークのブログを購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP