日本の教育はサラリーマンを量産するシステムである~将来の起業家を育てるためには~

以前に日本の教育についてすこしお話しましたが今日はより詳しくお話したいと思います。

日本はほかの先進国に比べて、起業家の数が圧倒的に少ないと言われています。

その理由を考えたときに私はこの結論に至りました。

それは学校教育が、つまり社会そのものがサラリーマンと官僚を大量生産するために作られているからです。

教育システムの全体像

日本の教育は「我慢を強いるシステム」になってます。幼稚園の頃から集団行動がはじまり、協調性を叩き込まれ、成績でも優劣をつけられ、受験による勝ち抜き戦が行われている。

これはサラリーマンとしてやっていけるかどうかふるいにかけているんです。

小学校のころから勉強ができない子や集団行動に馴染めない子ははじき出され、居場所は無くなり、家庭でも「ろくな大人になれない」と言われます。この時の「ろくな大人」とは、サラリーマンとして耐え忍ぶことができる人間を指します。今の世の中の流れ的にサラリーマン、官僚になれる人以外は負け組と呼ばれてもおかしくない時代になりました。

要するに「社会の歯車になれる人」歯車として機能してる人は、勝ち組です。

その最終商社が大企業の経営者としてなれるのであって、経営者は職業ではなく優勝者に与えられるトロフィーのような扱いになっている。

世の中は変わっても教育は変化しない

では何故日本の教育がこんな仕組みになっているかと言うと、戦後復興からの高度経済成長社会を前提に組み立てられてるからでしょう。

焼け野原となった日本を立て直し、先進国に追いつき追い越すためには、まずは優秀な労働力が必要でした。そうして作られた上記のような教育システムは、それなりにうまく機能してきたわけです。

経済全体が成長しており、大量生産・大量消費で先進国の模倣をして規模だけを追究していれば良い時代には、それで良かったのです。

しかし今はもう、日本経済は十分に成熟して成長率は低下し、出産率の低下・高齢化で人口ピラミッドが崩れています。唯々諾々と指示に従う労働力はあっても、それを導くビジョンの不足が深刻化してきました。

大企業は衰退し、経済を活性化するためには革新的な企業が新しく生まれてこなくてはならないのですが、それを生み出すための起業家がいない。

起業家が足りないのは当たり前で、起業家になる素養を持った人たちは学校教育ではじき出され、また社会としても「出る杭」「負け組」として彼らを抑圧してきたのですから当たり前ですよね

次のページ 日本の教育はサラリーマンを量産するシステムである パート2

 
■常識に従って生きている限り、人は常に損をする


僕は28歳にして年収で6800万円を稼いでいます。



そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。



中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。



でも、僕はもともと賢かったわけでも、

能力が高かったわけでもありません。



むしろ、優秀な兄妹の中で

自分だけ平凡以下の成績しか出せず、

大学にも落ちてしまいました。



まさに劣等感の塊。



そんな僕でも稼ぐための知識と

知恵を学んだことで自信を得て、

今では6800万円稼げるようになりました。



その秘密を今だけ以下のページで公開しています。



⇒28歳で僕が年収6800万円稼げるようになった理由

ccfooter

↑これから最短で投資家として成功したい方はぜひご購読ください(無料です)。

知らないと損するメルマガ

ccmail

FXを学びたい方におすすめ記事一覧

不動産投資を学びたい方におすすめ記事

人気記事まとめ

ccmail

はじめての方へ

ccmail

SNSで繋がりましょう!

FacebookBanner

TwitterBanner

mixiBanner

スクリーンショット 2016-05-07 16.47.10

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

【漫画】コンサル生に成功法則をガチ指導

LINE@登録者限定プレゼント


↑PCの方は「@cherry_coke」でID検索!

もっとも人気のある記事ベスト5

初心者用レポート集

『年収1000万エリート投資家への最初の教科書』



『木村がFXで成功できた4つの理由』



『マイナス金利から読み解く!今、日本人が投資をしなければならない理由』

チェリーコークのブログを購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP