FX初心者が最初に迷う「トレードスタイル」を決め方!

 

こんばんわ

チェリーコークです!

久しぶりの投稿になってしまいました。

 

今日は

FX初心者が最初に迷う「トレードスタイル」を決め方!

について書いていきたいと思います!

 

トレードスタイルには大きく分けて

『スキャルピング』
『デイトレード』
『スイングトレード』

という3つのスタイルがあります。

 

FXに興味をもっている方なら
一度は聞いたことがあるのではないかと思います。

 

今回は、

これらのスタイルの違いは何か?

どのような基準で選択していくべきなのか?

といった初歩的な疑問にお答えしていければと思います!

 

これからFXで勝てるトレーダーへと成長していく上

「自分にあったトレードスタイルは何か?」という選択の

参考にしていただけたらと嬉しく思います!

 

なぜトレードスタイルを決めておくべきなのか?

トレードスタイルを決めた方がいい!と、

一般的に投資家の間でよく言われることなのですが、

「何で決めたほうが良いの?」ということは

よくわかっていない方が多いのではないでしょうか?

 

トレードスタイルを決めておく利点はたくさんあるのですが、

FX初心者の方や未経験者の方の場合は、

まず勉強する『基準』が定まることがあげられると思います。

 

FXには様々なインジケータやトレード方法があり、

それらを全て学ぼうとすると時間も手間も掛かってしまい

はっきり言って非常に効率が悪いからです。

 

しかも、数多くの知識を身につけたからといって

必ずしも勝率が上がるということはないので

「テクニカルの知識を全て暗記!」

みたいな中学生のテスト勉強みたいな仕方をすると、

勝つための知識もあまり身につかない上に

無駄な時間を過ごすことになっちゃいます・・・。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-17-29-02

こんな感じです。笑

 

ですので、まず初めにトレードスタイルを決め、

そのスタイルに合わせて必要なトレードの知識や経験を

集中的に身につけていったほうが絶対に効率がいいと思います!

 

 

自分にあったトレードスタイルを選択する!

まずは前提として『トレードスタイル』という言葉だけだと

定義がめちゃくちゃ広いのですが、要するに一連の相場の流れの中で

どのくらいの時間ポジションを保有するのか

また、何のテクニカルツールを使うのかという

トレードに対する基本的なスタンスであったり、ルールのことです。

 

スタイルを決める上で注意したほうがいいのは、

自分自身のトレードの経験値性格です。

 

ここでは

スキャルピング・デイ・スイング という

代表的なトレードスタイルを3つご紹介します!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-17-32-02

自分自身でどのスタイルが合うのか、参考にしてみてください♪

1.スキャルピングトレード

エントリーから決済までのポジション保有期間が極端に短く、

短期間に小さい利幅を狙いにいく短期決戦型。通称スキャルだ。

一般的にスキャルピングトレーダーと呼ばれる。

1分・秒単位でメンタルに惑わされずに正しい判断をしなくてはいけないため、

他のスタイルに比べて難易度が高く、あまり初心者向けではない。

テクニックや経験があるFX上級者でも、

メンタルが弱く動揺しやすい人はミスを誘発されやすく、

性格上向かないこともある。

利益と損失で一喜一憂してしまう人は

ただのポジポジ病になりかねないので注意が必要だ。

金に対する欲がなく、FXを格闘ゲーム感覚でできる人向き。

基本的に含み損を長い期間抱えることはないので、

損失リスクは一番低いトレードスタイルでもある。

2.デイトレード

一番スタンダードなスタイルで、個人投資家はデイトレーダーである場合が多い。

エントリーから決済までのポジション保有期間は

数時間〜1日以内とスキャルに比べると長め。

一般的にデイトレーダーと呼ばれる。個人投資家の事をデイトレーダーということも。

スキャルに比べて余裕を持ってトレード戦略を練られるため、

万人向けのトレードスタイルである。

トレード回数は1日に1〜2回程度で頻繁にポジションは入れ替えない。

デイというだけあって、次の日をまたいでポジションを保有することはなく、

その日のうちに決済して、翌日には持ち越さないのが基本だ。

スキャルに比べて一度の獲得利益は多くなるが、

保有期間が長くなる分、含み損などの損失リスクはスキャルより大きくなる。

3.スイングトレード

エントリーから決済までのポジション保有期間が最も長く、

長いと数年保有するトレーダーもざらにいる。

スワップトレードなどの金利差益狙いのトレーダーは、スワッパーと呼ばれる。

スイングトレードの人は単純にスインガーと呼ばれる。

スキャルの場合は数分から数十分、デイの場合は数時間から1日以内だったが、

スイングの場合は数週間単位で変動する相場トレンドを上手に捉えて、

一度のトレードで大きな利益を狙おうとするスタイルである。

ポジションを持ったあとは決済を自動売買に任せる場合がほとんどで、

保有期間中はチャートを監視する必要がないのが

スイングの一番のメリットかもしれない。

とにかくベストポジションを持つまでが勝負のスタイルなので、

メンタル的な負担は最も少ないのもメリットの一つだ。

機関投資家など、ポートフォリオ単位で投資を行うトレーダーは、

スインガーである場合が多い。

副業トレーダーでもチャート監視が入らないことが理由で、

意外にスインガーだったりすることもある。

ただ副業トレーダーでスインガーが儲かっているのは非常に稀なケースだと言えます。

 

以上が今回ご紹介した3つです!

 

自分自身に合いそうなスタイルは見つかりましたか?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-17-34-14

 

ちなみに私はデイトレードが中心のスタイルでトレードしつつ

長期的なトレンドが発生した場合は

スイングに切り替えて大きな利益を狙っていくトレードをしています。

 

なぜ?私はデイトレードが中心なのか?

私は別の事業もしているため

スキャルピングは時間的に厳しいですし、

メンタルに惑わされずに正しい判断をし続けるのは、

精神的に疲れてしまい、私には向いていませんでした笑

 

あなたもまず、どのトレードスタイルでトレードするのかを決め

それにあった物を勉強していきましょう!

 
■常識に従って生きている限り、人は常に損をする


僕は28歳にして年収で6800万円を稼いでいます。



そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。



中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。



でも、僕はもともと賢かったわけでも、

能力が高かったわけでもありません。



むしろ、優秀な兄妹の中で

自分だけ平凡以下の成績しか出せず、

大学にも落ちてしまいました。



まさに劣等感の塊。



そんな僕でも稼ぐための知識と

知恵を学んだことで自信を得て、

今では6800万円稼げるようになりました。



その秘密を今だけ以下のページで公開しています。



⇒28歳で僕が年収6800万円稼げるようになった理由

ccfooter

↑これから最短で投資家として成功したい方はぜひご購読ください(無料です)。

知らないと損するメルマガ

ccmail

はじめての方へ

ccmail

FXを学びたい方におすすめ記事一覧

不動産投資を学びたい方におすすめ記事

人気記事まとめ

ccmail

LINE@登録者限定プレゼント


↑PCの方は「@cherry_coke」でID検索!

SNSで繋がりましょう!

FacebookBanner

TwitterBanner

mixiBanner

スクリーンショット 2016-05-07 16.47.10

【漫画】コンサル生に成功法則をガチ指導

初心者用レポート集

『年収1000万エリート投資家への最初の教科書』



『木村がFXで成功できた4つの理由』



『マイナス金利から読み解く!今、日本人が投資をしなければならない理由』

PAGE TOP