これが鉄則!挑戦する時に『絶対にしてはいけない6つのこと』

こんばんわ!

チェリーコークです!

 

社会人になると毎日の決められた業務、

毎日同じ仲間との飲み会など、

いわゆる日々の行動がついつい”マンネリ化”しがちです。

 

しかし、そんなベルトコンベヤーのように過ぎ去っていく毎日に疑問を抱き、

何らかの行動を起こそうとする人も少なからずいます。

 

僕はそういう人たちのことを『挑戦者』と呼んでいます。

 

cc%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95%ef%bc%95

 

仕事でも、恋愛でも、趣味でも、

何でも新しいことに挑戦するというのは

本当に素晴らしいことです。

 

「挑戦」こそが人生を豊かにする。

 

私はそう思っているからこそ、

日本人にはもっともっと挑戦にポジティブになってほしいし、

時に後ろ指を指されがちな挑戦者の方を応援したいんですよね。

 

もちろん、私自身もっともっと挑戦して

いろんな経験をすることで成長していきたいです。

 

ただ、同時に全く新しいことに挑戦しようとするとき、

どうしても不安になるのが人間の性というものです。

 

多少の緊張感はいい意味で集中力を高めてくれますが、

不安感が高まると自信がなくなり、

結局行動できなかったり、諦めてしまったりする。

 

せっかく現状の自分を変えようとして挑戦を決意したのに、

途中でやめるのはすごくもったいないです。

 

反対に、常に自分に自信を持ち、精神的に安定しながら、

新しいことに挑戦できる人がいます。

 

あなたもそうなれたら嬉しいですよね。

こういう人は前者より遥かに成功し易いです。

 

では、どうしたら新しい挑戦にもビビらずに、

途中で投げ出さずに継続できるのか。

 

実は、挑戦を成功させる人には共通して

「これだけはしない」と決めていることがあるのです。

 

今日は何か新しいことに挑戦する時に

絶対してはいけない6つのことをご紹介します。

 

1,リスクと失敗におびえすぎない

 

cc%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95%ef%bc%93

 

新しいことを始める時に、

多くの人が気にしてしまう事が2つあります。

 

それは、“リスクと失敗”。

 

しかし、挑戦する以上、

そこには必ずリスクはあるし、失敗もあります。

 

逆に、この2つがないものは

詐欺の確率が高いので注意してください。

 

また、「失敗した自分ってかっこ悪い……」

と嘆く人がいますが全く気にする必要はありません。

 

失敗するのはむしろ普通です。

 

なので、失敗を嘆く時間があるのであれば

挑戦して“得られるもの”をもう一度よく考えましょう。

 

そこには大きく成長したり、

成功に近付くチャンスがあります。

 

たとえ失敗しても、

その失敗した理由を探り、やり方を変え、

また挑戦すればいいのです。

 

結局この繰り返しが成功するためには1番大切なことですし、

挑戦を続ける一番の醍醐味でもあります。

 

2,不変、安定、快適を求めない

 

cc%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95%ef%bc%91

 

新しいことをはじめると、

「早く慣れたい」

「早く安定したい」

と変わらぬ安定を求めてしまいがちです。

 

しかし、成長や成功は

 

変化

不安定

不快

 

の中にしかありません。

 

安定して落ち着いてしまっている時には、

あなたの成長は止まっていると考えた方がいいです。

 

だから、「すげーたいへんだなー」とか、

「なんか初めてのことばっかで疲れるなー」

「今まで使ったことない筋肉使って気持ち悪いなー」とか、

そういう一見ネガティブな要素も

全部をまとめて楽しむくらいのテンションで行きましょう!

 

実際、そういう感情は挑戦しないと味わえないものです。

 

だからこそ、そういう感情になったときには

「こんな状況でこんな気持ちを味わえるのは

世界でたった一人、俺しかない!」

と、自尊心を高めるような考え方をしましょう。

 

3,何でも自分の思い通りになると思わない

 

cc%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95%ef%bc%96

 

中には何でも簡単に

「うまくいくはず」と信じてる人がいますが、

残念ながら世の中そこまで上手くいきません。

 

どっちかというと

自分の思い通りにならないことのほうが断ぜん多いのです。

 

基準値が低い人は少しでもつまづくと

「思ったよりもたいへんだな・・・やっぱりやめるか・・・」

と、それが原因で挑戦を辞めてしまいます。

 

しかし、「最初はなかなか上手くいかない」ことでも、

試行錯誤するうちに少しずつできるようになっていく。

 

そんな自分の成長を肌で感じることにこそ、

挑戦する面白さがあるのです。

 

なので、まずは

「人生とは本来、上手くいかないことの連続だ」

と、受け入れるところから始めましょう。

 

逆に、何も問題が起きないということは

単にその人が全く挑戦していないからなのです。

 

それはそれでつまらないじゃないですか。

そんな退屈な日常から抜け出したいからこそ、

挑戦しようと思った人も多いはずです。

 

だからこそ、そういうなかなか上手くいかない状態を

「楽しむ」くらいじゃないと挑戦は続けられません。

 

上手くいかないなら、

「どうしたら上手くいくだろうか」

「どうしたらこの問題を解決できるだろうか」

それを常に考えることです。

 

そして、絶えず

「こうしたら上手くいくんじゃないか!」

という妄想を楽しむことができる人は

挑戦者としての才能があると言えるでしょうね。

 

また、他人の反応や結果など、

本来どうしようもないことまで

コントロールしようとするのは止めましょう。

 

どうしようもないことにクヨクヨ悩んでも疲れるだけです。

 

できるのは今この瞬間コツコツと努力すること。

それしかないのです。

 

4,他人と自分を比較しない

 

cc%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95%ef%bc%94

 

挑戦する時に

ついつい他人と自分を比べてしまう人がいます。

 

そして、他人と比較して

「こんな自分ではダメだ」と落ち込み、

諦めてしまう人も。。。

 

これほど勿体無いことはありません。

 

これはあくまで私の価値観ですが、

他人より自分の方が優れていることを証明するために

挑戦するわけではないと思います。

 

「やーい!俺のほうがおまえよりすげーんだ!

どうだ!まいったかー!」

 

そんな幼稚な発想で相手を見下す人はいないと思いますが、

もしいるとしたら、その人は人間として終わってると思います。

 

あなたは決してそんなクソ野郎になりたいわけじゃないはずです。

 

それなら、大事なことは自分が挑戦を通して

少しでも成長することではないでしょうか。

 

あなたの先を行く他人はあくまで

あなたの可能性を広げてくれる存在だと考えればいいでしょう。

 

「あんなところまで行ける人もいるんだな。

よし、じゃあ自分ももっとやれるはずだ」

 

そうやって考えれば

他人と比較して劣等感を感じることなく、

前向きになることができるのではないでしょうか。

 

 

そして、どうせ競争するのであれば、

他人ではなく、昨日の自分と競争するようにしましょう。

 

5,誰かの許可を求めない

 

cc%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95%ef%bc%92

 

人は自分で決断することを恐れる生き物です。

 

さらにはそれが

「大衆とは逆向きに進む」ような決断の場合、

余計に怖くなりますよね。

 

1人で決めるより、他人から承認してもらって、

背中を押してもらう方が楽ですからね。

 

でも、あなたの人生の主人公はあくまであなた自身です。

 

他人に許可を求めると、“自己責任の意識”が減ります。

 

この意識が減ると、

もし失敗した時に人は誰かに責任をなすりつけたくなります。

でも、それではただ逃げ道を作っているだけですよね。

 

誰かに許可を求めるより、

自分で考えて決めることが出来る人は成功する速さも違うわけです。

 

6,自分の限界を決めない

 

cc%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95%ef%bc%97

 

自分の限界を決めるのは、いつも自分自身です。

 

本来の自分の限界より何十歩も手前で、

自分の限界を決めてしまう人は多いのではないでしょうか?

 

限界は、自分で決めるものではありません。

限界かも?と感じたら一度立ち止まって顔を上げて見ましょう。

 

そうすれば視野が広がり、

また別のアプローチや方法を考えられるようになります。

 

 

これらが、挑戦する時に『絶対にしてはいけない6つのこと』です。

 

いかがでしょうか?

 

挑戦が怖いのは、誰でも同じです。

 

その不安を減らせるのは、自分自身しかいません。

また、その不安を乗り越えるのも自分しかいません。

 

ぜひ今回学んだことを思い出しながら挑戦を続けていきましょう。

 
■常識に従って生きている限り、人は常に損をする


僕は28歳にして年収で6800万円を稼いでいます。



そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。



中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。



でも、僕はもともと賢かったわけでも、

能力が高かったわけでもありません。



むしろ、優秀な兄妹の中で

自分だけ平凡以下の成績しか出せず、

大学にも落ちてしまいました。



まさに劣等感の塊。



そんな僕でも稼ぐための知識と

知恵を学んだことで自信を得て、

今では6800万円稼げるようになりました。



その秘密を今だけ以下のページで公開しています。



⇒28歳で僕が年収6800万円稼げるようになった理由

ccfooter

↑これから最短で投資家として成功したい方はぜひご購読ください(無料です)。

知らないと損するメルマガ

ccmail

はじめての方へ

ccmail

FXを学びたい方におすすめ記事一覧

不動産投資を学びたい方におすすめ記事

人気記事まとめ

ccmail

LINE@登録者限定プレゼント


↑PCの方は「@cherry_coke」でID検索!

SNSで繋がりましょう!

FacebookBanner

TwitterBanner

mixiBanner

スクリーンショット 2016-05-07 16.47.10

【漫画】コンサル生に成功法則をガチ指導

初心者用レポート集

『年収1000万エリート投資家への最初の教科書』



『木村がFXで成功できた4つの理由』



『マイナス金利から読み解く!今、日本人が投資をしなければならない理由』

PAGE TOP