重要指標、米・雇用統計をチェック!

こんにちは!

チェリーコークです!

今日は

米・雇用統計

について書いていきたいと思います!

 

米・雇用統計発表前後の動き

FXやっている人であれば「雇用統計」という言葉を聞いたことがあると思います。
「雇用統計」は毎月第一金曜日に発表される指標のことです。

非農業部門雇用者数(前月比)
民間部門雇用者数(前月比)
失業率

この3つの指標をまとめて雇用統計と呼んでいます。

雇用は景気を反映しますので
雇用に関する指標はどの国でも重要になる指標ですが
アメリカでは雇用状況の改善が金融政策の主な目標になっているため、注目度が高いです。

日本銀行や欧州銀行は、物価の安定が主な政策目標にしており
失業率などの雇用データを政策決定上、それほど重視しないため
日本やユーロ圏の雇用統計はあまり注目されません。

雇用統計によって何がどう動くのか

アメリカでは、FOMCが政策金利や金融政策を決定する上で、雇用統計を重要視します。
雇用状況が悪化していれば金融緩和し金利を下げ、
雇用状況が改善していれば、金融を引き締め金利を上げる判断をします。

基本的には、金利が上がれば米ドルが買われ円安ドル高になり、
金利が下がれば米ドルが売られ円高ドル安になります。

毎月発表される雇用統計が金利と連動しており、金利によって為替が動くため、
事前の予想と結果が大きく異なる場合、ドル円が一瞬で1円以上動くことがあるのです。

ただし、雇用統計の数字によって直ちに利上げや利下げが行われるわけではないですし、
為替が動くかどうかは、予想と結果の差で決まります。
市場にとってのサプライズがあると上下に大きく動きます。

 

今日は以上になります!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

何か質問や相談、聞きたいことがありましたら

お問い合わせよりご連絡お待ちしています!
CherryCoke

 


■各メディアも御覧ください


10万円の資金をたった2ヶ月で
200万円にまで倍増させた
お金を確実に倍増させるメソッド

無料メルマガにて公開中↓↓↓

ccfooter

 


■LINE@始めました。


メルマガとLINE@を両方登録お願いします。

あなたの収入面を確実にUPさせ
永続不労収入を手に入れてもらう情報満載。

LINE@はコチラ

 


■各SNSでも繋がりましょう。


Facebookを見てみる

Twitterを見てみる

mixiを見てみる

YouTubeを見てみる

 
■常識に従って生きている限り、人は常に損をする


僕は28歳にして年収で6800万円を稼いでいます。



そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。



中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。



でも、僕はもともと賢かったわけでも、

能力が高かったわけでもありません。



むしろ、優秀な兄妹の中で

自分だけ平凡以下の成績しか出せず、

大学にも落ちてしまいました。



まさに劣等感の塊。



そんな僕でも稼ぐための知識と

知恵を学んだことで自信を得て、

今では6800万円稼げるようになりました。



その秘密を今だけ以下のページで公開しています。



⇒28歳で僕が年収6800万円稼げるようになった理由

ccfooter

↑これから最短で投資家として成功したい方はぜひご購読ください(無料です)。

知らないと損するメルマガ

ccmail

はじめての方へ

ccmail

FXを学びたい方におすすめ記事一覧

不動産投資を学びたい方におすすめ記事

人気記事まとめ

ccmail

LINE@登録者限定プレゼント


↑PCの方は「@cherry_coke」でID検索!

SNSで繋がりましょう!

FacebookBanner

TwitterBanner

mixiBanner

スクリーンショット 2016-05-07 16.47.10

【漫画】コンサル生に成功法則をガチ指導

初心者用レポート集

『年収1000万エリート投資家への最初の教科書』



『木村がFXで成功できた4つの理由』



『マイナス金利から読み解く!今、日本人が投資をしなければならない理由』

PAGE TOP