今後の日本を待ち受ける未来と「資産1億円の男」の話

どうも、木村裕一と申します。

ネット上ではチェリーコークという名で活動しています。

いきなりですが、まずはこの

「ショッキングな動画」を見てください。

引用:HTBニュースで放送中の老後の生活を考えるシリーズ 「老いるショック」(2015年9月28日放送)

 

この動画をみてどう思いますか?

これが今の日本の現状です。

動画の中にもありましたが

貧困世帯の割合は年齢を重ねていくに連れて増加しており、

一人ぐらしで貧困状態(収入が平均の半分以下)にある高齢者

男性38.3%
女性52.3%

です。

 

この動画に出てきている方は

月に7万5000円で生活をやりくりしていると言っていましたね。

 

その中で、知り合いが孤独死したのをきっかけに施設に入ることを検討するも、

年金だけではどこの施設にも入ることが出来ない

という厳しい状況でした。

最終的には月8万円の高齢者住宅に入ることを決めましたが、

これでも年金だけでは補えないため、

厳しい生活の中から1万円貯金をしていき、

友人からの外食の誘いも断りながら

施設に入る為のお金を自分で貯めていました。

 

年金をずっと払い続けて来たにも関わらず、

このような生活をしているということです。

 

しかも、少子高齢化が今後ますます進むことを考えると、

僕たちの世代ではもらえる年金額は

間違いなく今よりもさらに少なくなっているでしょう。

 

僕たちはこのような将来をきっちりと見据えた上で、

それに対して準備していく必要があります。

 

そして、他にも

これまでの日本では見られなかった

「異変」が次々と起こっています。

最も身近な例で言えば、

「いくら頑張って働いても

なかなか給料が上がらない」

という問題ですね。

 

日本のサラリーマンの平均年収は

現在かろうじて400万円と言われています。

ただし、この数字は

今後間違いなく下がっていくでしょう。

 

一昔前までは、これからは

「年収総300万円時代」が来ると言われていました。

これだけでも団塊の世代や、

バブル期を経験した人からしてみたら衝撃だったはずです。

ただ、現在はさらに悪いことに、それを上回る

『年収総150万円時代』

がやって来ようとしているのです。

 

これは決して机上の空論ではなく、

人口動態や産業構造の変革(いわゆるIT化やロボット化)など、

様々な要因から導き出されている極めて可能性の高い未来の話です。

 

ただ、同時に今後の日本は本来そこまで多くなかった、

「富裕層(総資産が1億円以上)」

と呼ばれる人たちが、

どんどん増えていくと言われています。

つまり、一昔前までは

「全国民総中流」

であったはずの日本が、今後は「真ん中の層」だけがすっぽり抜け落ち、

「富裕層」「貧困層」

この2つのどちらかに真っ二つに別れることになる、

というかすでに別れ始めているということです。

 

この流れは、日本が如実に

「貧困国」に近づきつつあるということの裏返しでもあります。

貧困国の特徴として、ほとんどの国民はとてつもなく貧しい代わりに、

富める者はより一層その富を拡大して豊かになっていきます。

「もともと世界の富の約半分は、

たったの上位1%の超富裕層によって保有されている」

というのは有名な話ですが、まさに今の日本も、

これまでなんとか保たれていた

「富の均衡」が少しずつ崩れ始めて「格差」が広がり、

貧困国へと着実に近づいて行っているというわけです。

僕がこの事実を知ったのは、約5年前、まだ普通に会社員をしていたとき。

ある経営者の方のセミナーで今後の日本を待ち受けている

これらの流れを教えてもらったのですが、その時に、

とにかく「強い危機感」を抱いたのを覚えています。

 

「本当に、このまま何も考えずに毎日ただ機械のように働いてるだけでいいのか?・・・」

「今行動しなかったら、ほんとに将来ヤバイんじゃね!?」

 

さらに、それに加えて純粋に

「富裕層にいる人がめちゃめちゃ羨ましい!!」

「自分も死ぬまでお金の不安なく暮らせるようになりたい!」

と、強く思いました。

 

何せ、僕の目の前で今後の日本経済について語るその人こそ、

総資産額1億円以上を持つ『真の富裕層』であり、

当時30代前半にして、わずか5年でそれだけの資産を築いた

『ホンモノの成功者』だったのです。

そんな「ホンモノ」の話を生で聞ける機会に恵まれた僕は、

当時めちゃくちゃ興奮したのを覚えています。

 

当時ただ会社に行って毎日同じような作業をこなして帰る、

という生活を送っていた僕にとって

彼の話はすべてが新鮮で、刺激的でした。

「自分もこの人のように富裕層になるためには

いったいどうしたらいいのか?」

それを必死に考えながら、彼の話を聞いていました。

 

そして、彼から言われて何より衝撃的だったのは、

そのような誰もが羨む富裕層には、

実は誰でもなれるチャンスがある

ということ。

 

しかも、それは今普通のサラリーマンで

年収が特別多くなかったとしても全然可能だということ。

その「事実」を知ったことで、

僕のそれまでの常識や価値観は一気に崩壊したのです。

 

そう、ずばりそのセミナーとは

「スキルも知識もない【凡人】が3~5年かけて

資産1億円以上の富裕層にいたるための超現実的な方法」

を伝授してくれるモノだったのです。

 

その後、僕は彼が実際に行った「戦略」を根掘り葉掘り聞きだし、

そっくりそのまま実践したことで、

今では自分も資産1億円以上の富裕層に至ることができました。

参考記事:木村裕一(チェリーコーク)のプロフィール〜月収500万円に至るまで〜

 

そこで、もしあなたも、

「生涯お金の悩みから解放されるための具体的な戦略」

を知りたいと思われた場合は、

下記のページで僕がこれまでどのようにして

資産を増やしてきたのか公開しているのでご覧ください

(期間限定公開のため予告なくページを削除することがあります)。

 

28歳で僕が資産1億円、そして、

年収6800万円稼げるようになった理由(無料)

ccfooter

 

PAGE TOP