とりあえず3年とか言ってる場合じゃない!人生は1年で劇的に変わる!

どうも、木村裕一と申します。

ネット上ではチェリーコークと言う名前で活動しています。

僕は今、投資家兼経営者として、東京で複数の会社を経営しています。

FX、バイナリーオプションなどの短期投資から、中長期目線での株式投資。

さらに不動産を国内外に保有し、そこから毎月利益が出ていたり、もしくは日本よりはるかに利回りの良い海外の銀行やオフショアの案件に投資をして、他にも資産をいくつも保有しています。

事業としては不動産の仲介、各種イベント事業、インターネットビジネス、また、福島県の電力自由化に携わる事業をしていたりもします。

これらの投資、事業の多くはすでに僕の代わりに社員が手がけたり、
システムが代わりに運用してくれているので、

僕はほぼ何もしなくても毎月1000万以上を稼ぎ、
文字通り何一つ不自由しない生活を手に入れました。

もう働く必要もないので、
南国でのんびりジュースを飲むこともできます。

ただ、今はもっと上に行きたいのでバリバリ仕事をしています。

こう言うと、めっちゃすごいですね。
センスあるんですねとか言われるんですけど、

会社員時代の僕はザ・凡人でした。

スポーツも勉強も人一倍努力しても、人並みな結果しか残せない。

それに比べて両親や、兄妹は皆優秀で超エリート。

僕はいつも家族と自分を比べて、劣等感に苛まれていました。

そんな自分が嫌で、

「自分はもっとビッグになってやる!!」

と一念発起して22歳の頃に会社員を辞め、独立。

ちょうど飲食店の共同経営の話を持ちかけられたので乗っかるも、売上は伸びませんでした。

その後、話を持ちかけてきた人が逃亡。

僕の手元には1000万を超える借金のみが残されました。

毎月の返済に追われ、毎日いくつものバイトを掛け持ちする日々。

当時はお金にも時間にも余裕は一切なく、返済のことしか考えられない、
まさに絶望的な生活を送ることになってしまいました。

 

■「宝の地図」の通りに行動したら月収500万になってしまった

 

一体なぜこんなことになってしまったのか・・・。

当時の僕は「お金を稼ぐこと」を舐めていたのです。

今思えば「これなら上手く行きそうだな」というまるで根拠のない思い込みのみで、
持ち掛けられた儲け話に乗ってしまいました。

僕はこの時、本当にお金持ちになりたければ、

「真剣に学ぶ必要がある」

ということに気づきました。

そこからバイトの合間でお金儲けに関するありとあらゆる本を読み漁り、
さらになけなしのお金で教材を購入したり、
セミナーに参加して成功者から直接学ぶようになりました。

すると、だんだんと

「どうすればお金を稼ぐことができるのか?」

その全貌がわかるようになりました。

「これをこうして、この通りにやればお金を稼ぐことができるのか!!!」

そんな発見の連続で、当時は投資やビジネスについて学ぶのが本当に楽しかったです。

僕にとっては本や教材、そして成功者がセミナーで話している内容すべてが

「宝のありかにつながる地図」に見えました。

そこから学んだとおりに、コツコツと資産を築いていったところ、
月5万、10万と収入は順調に伸びていき、
気づけばあっという間に100万円を突破していました。

収入がある程度安定し、借金を返せる見込みが立った頃、
東京の快適な家に引っ越しました。

そこで、新たに一緒に投資やビジネスに取り組む仲間もでき、
彼らと一緒にさらに真剣に取り組んだところ、

収入は月収500万円を超えました。

しかも、それらは構築した資産や、
自分が動かなくてもほぼ自動で回る事業からの収入。

なので、僕は20代にしてセミリタイア生活を送ることができるようになりました。

富山の田舎から出てきて、初めての東京だったこともあって、
この時は笑えるくらい遊んでましたね。

大好きな車でドライブがてらBBQをしに行ったりして、
夜はそのまま飲みに出かけてシャンパンを一晩で何本も開ける。

欲しかったブランド品を買い漁ったり、飲み代だけで
一晩で100万円以上使ったりと、絵に書いたような豪遊生活もしてみました。笑

当時はまさに怖い物なし。

自分は成功したんだと自信に満ち溢れ、それを誇示するかのように毎日遊びまくってました。

 

■成功の代償。毎日がつまらなくなる。

 

でも、なんとなく、遊ぶのにも飽きてきて、

このままじゃつまらないなー。一体何をしようか、と考えるようになりました。

実際に何もしなくても毎月数百万というお金が入ってくるようになると、
遊ぶだけじゃつまらないのです。

ワーーって楽しく騒ぐのはその瞬間は楽しいのですが、後から

「あれ、俺って今日何してたっけ?」

っていう言い表しようのない虚しさを感じるようになったんですね。

僕の場合、その気になれば自分の家から一歩も出ずに生活できてしまうのですが、
代わり映えのない、刺激のない毎日を送ってるうちに心がどんどん荒んで行きました。

 

■10億、100億の世界はマジですごかった

 

このままじゃマズいと思った僕は、
自分の足を動かして他のお金持ちに会いに行くようにしました。

一時営業をしていたこともあり、コミュ力はかなり上がっていたので、
これまで築いてきた人脈を辿って
とにかくレベルの高い人に会うようにしました。

そうしたら、不動産で年収10億いくおっちゃんや、
飲食や芸能関係など、ありとあらゆる事業で成功し50億くらい持ってる30代など、
ガチですごい人たちに出会いました。笑

彼らと出会い、自分は今まですごく小さな世界にいたんだなと思わされました。

お金に困らない生活を送るようになって、
天下を取った気になっていた所に、
さらに上の世界の洗礼をもらったわけです。

ここから僕に再びスイッチが入りました。

「本気で成功してもっと上に行くんだ!!」

と心の底から思えるようになったんですね。

自分を成長させるために
さらに1000万ほど情報や知識に投資をしました。

そこからほどなくして年収はついに「億」を突破。

今に至るわけです。

 

■人生を変えには1年もあれば十分

 

僕は何もないただのサラリーマンから独立して、
月収100万稼ぐのにかかった時間はだいたい1年でした。

1年って人生を変えるには十分な時間です。

石の上にも3年とか、
とりあえず3年就職してみたら?

とか謎の迷言があるんですけど、あれを真に受けたらマジでやばいですよね。

僕から言わせれば、3年もあれば人生は3回変えられるんですよ。

もちろん良い方向に変えれば、
3回連続で劇的に変われるわけです。

僕の場合、もし3年前の自分が今の自分に会ったら、

「え、お前誰?超羨ましいんだけど。笑」

ってなると思います。笑

それくらい劇的に変わることができるのです。

今の僕は毎日が刺激に溢れています。

 

今月は先週まで海外の投資案件の視察のためにロンドンまで行ってましたし、

明日も金融系のシステム会社の社長と打ち合わせがあったり、
夜には年商100億クラスの社長が主催する勉強会とパーティに参加してきます。

3年前の自分とは関われる人も、やってることも異次元に変わりました。笑

 

昼頃に起きる→ドライブ→飲み

という、楽しかったけど
薄っぺらい生活を送っていた自分とは
意味不明なくらい日常が見違えています。

でも、今のほうが遥かに充実度は高いです。

出会う人間の質も、
関わる投資や事業の規模も当時の10倍以上といった感覚です。

毎日強制的に成長していける環境ができています。

このことからこの記事で言いたいのは、

1年前の自分と劇的に変われていますか?

ということです。

1年間は短いようで、実はめちゃくちゃ長い期間で、
本気になれば人生を180度変えられるほどです。

僕の感覚としては受験とか就活とかと同じレベルで真剣に
「お金儲け」に取り組むことができれば、

1年もあればもう比べ物にならないくらい
上の世界に足を踏み入れることができます。

僕の周りやこれまで教えてきた人の中にも、
本気でやって収入の桁やライフスタイルをガラッと変えた人はたくさんいます。

1年間正しい戦略と正しい努力を続ければ、
その後の人生が超豊かになると考えたら、

一度だけ本気でやってみてもいいんじゃない?

と思います。

金融の世界を勉強し、実際に投資をしたら
能力も高くなるし、人としての魅力も上がるし、収入ももちろん増えます。

僕も1年後の自分の姿は想像がつかないです。

想像できないくらい進化していきたいし、
今の10倍以上成長してもっとこの人生を素晴らしいものにして行きたいと思います。

 


■常識に従って生きている限り、人は常に損をする


僕は28歳にして年収で6800万円を稼いでいます。

そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。

中には信じてくれる人もいますが
「結局お前には才能があったんだろ!」
と言われることが多いです。

でも、僕はもともと賢かったわけでも、
能力が高かったわけでもありません。

むしろ、優秀な兄妹の中で
自分だけ平凡以下の成績しか出せず、
大学にも落ちてしまいました。

まさに劣等感の塊。

そんな僕でも稼ぐための知識と
知恵を学んだことで自信を得て、
今では6800万円稼げるようになりました。

その秘密を今だけ以下のページで公開しています。

⇒28歳で僕が年収6800万円稼げるようになった理由

ccfooter

↑これから最短で投資家として成功したい方はぜひご購読ください(無料です)。

PAGE TOP