最近のYoutuberに学ぶ日本人がお金のリテラシーを高める方法

どうも、チェリーコークこと木村です。

近年インターネット社会において、一気に巨万の富を得たその代表格として、Youtuberが話題になっていますね。

ここののところマスメディアへの露出も急激に増えている気がします。

ですが、実は、僕はいわゆる「youtuber」として顔を出して活動している人は今まであまり見たことがなかったんです。

なんか、そんなに面白いのかなって。笑

僕が知ってるのと言えば、ヒカキンさんくらいだったんですが、彼が主に対象としてるのは小学生ですからね。

有名なので一応知ってはいましたが、動画はあまり見てなかったんです。

 

でも、最近他にもたくさんのYoutuberがいることを知って、こんなにいっぱいいるんだって思いました。笑

で、みんな人それぞれ特徴があって面白いですよねー。

商品や店舗紹介、恋愛系(ナンパや告白ドッキリ)、ギャンブル、検証系、音楽、ダンス、コント…などなど。

また、クリエイターにもいろんな人がいますよね。

元アイドルから現役AV女優から、会社経営してる人から、プロスポーツ選手なんかも自分で動画を投稿してたりします。

これだけいろんな業界から多くの人がこぞって参入してるぐらいですから、Youtube市場の熱さがわかりますよね。

で、今日はそんなYouTuberを見てて僕が思った、「日本人の金融リテラシーを高める方法」についてお話しようと思います。

Youtubeをビジネスととらえている人たち

気づいたのは、YouTubeを「ビジネス」としてとらえている人たちがかなり多いということ。

僕のイメージでは「好きなことで生きていく」っていうキャッチコピーでもあるように、自分の特技とか趣味があって、それを見てもらいたくてYouTubeを始める人が多いのかなと思っていました。

メインはそっちで、お金はたまたま稼げちゃったというか、あまり意識してない人が多いのかなっていう印象だったんですよね。

ただ、見ていると「企業とコラボして○○万稼ぎました」「年収今年はだいたい○億くらいはいきますね」など、
がっつり「お金に関わる話」をしている人も結構います。

まあ、単順に視聴者の多くが興味を持つネタだからっていうのもあると思いますが。

ただ、中には割と本気で「YouTubeをビジネスとして取り組んでる」人もいるようなので、そこは驚きましたね。

しかも、それを堂々と公言して、「YouTubeで成り上がった自分」という魅せ方をしてる人もいます。

そうなってくると、そういった彼らの発信を見て「お金を稼げるからYouTubeをやろう」と考える人は増えてくるのかなと思いますね。

お金の話をするのはいいこと。だって稼げるようになるから。

そんな「お金の話」を堂々とするYouTuberに対しては賛否両論あると思うんですが、僕的には「すごくいいこと」だと思っています。

日本人ってそもそもマネー教育をほとんどされていないので、お金に対する考え方が非常に偏ってる人が多いなーと見てて思うんですよね。

「お金=汚いもの」みたいな。

そうなるとお金に対する話もあまりしない人が多くなります。

でも、それってはっきり言ってマイナスしかないと僕は思ってるんですね。

そんなんじゃお金はもちろん稼げないですし、さらに言えばお金を失うリスクも大きくなります。

なぜなら、お金についてよく知らない人は、そうでない人から簡単に騙されてしまうからです。

その証拠に、日本では詐欺や、お金のトラブルが後を絶ちません。

特に、高齢者をターゲットにした詐欺は一向に減りません。

これに対し、「マネー教育先進国」である米国では、早くから学校教育の場で消費や経済に関する実践的な教育カリキュラムが展開されています。

たとえば、世界第3位のお金持ちであるウォーレン・バフェットは、6歳の時に小遣い稼ぎでコカコーラを売り歩いたと言います。

それが今はコカコーラの大株主ですね。

また、世界的な投資家にジム・ロジャーズがいます。

彼はジョージ・ソロスとともにクォンタム・ファンドを立ち上げて、10年で4200%という信じられないリターンをあげました。

そんな彼は二人の娘の教育のために、小さい頃に豚の貯金箱をプレゼントし、ベットメイキングのたびにお金を渡し、貯金箱がいっぱいになると、銀行に口座を作り、利子を得た時に口座の明細を示し、お金について教えたと言います。

このように子供の時からお金の教育を受けていると、簡単には騙されなくなりますし、大人になっていざお金を稼がなければいけない、というふうになっても、自立して様々なアイディアを実践できるようになるでしょう。

お金持ちになりたければ、常にお金の話をしているような、そういうコミュニティに入ることが重要です。

日本の皆さん、もっと気軽にお金の話をしましょう

その点、気楽にお金の話をするYouTuberを見て、僕はこういう文化が日本にどんどん広まったらいいなと思いました。

日本人はお金というものに対してネガティブな感情を抱きすぎです。

つい最近、知り合いと食事に行ったのですが、たまたまクレジットカードのポイントの話になりました。

そこで、僕はポイントが効率的に貯められるカードの話をしました。

ポイントがたまったら純粋に嬉しいし、お得だし、彼にもぜひ教えてあげようと思って話しました。

しかし、彼は言葉にこそしませんでしたが、どこか「せこい話してんなーこいつ」という顔で見られてしまったような気がします。

こういうことがあると、ちょっと残念に思いますよね。

僕はもっと気軽にお金の話をしたいと考えています。

お金の話をすると、お金の情報が増えます。

お金の情報が増えると、得する機会が増えます。

お金の見方も変わって、金融リテラシーがもっと高まります。

そうするとお金で騙される機会も少なくなります。

つまり、お金の情報が集まると、お金そのものが集まるので、お金に困らない生活ができるようになるということ。

ぜひ、もっともっと積極的にお金の話をしていきましょう。

チェリーコーク(木村裕一)

 
■常識に従って生きている限り、人は常に損をする


僕は28歳にして年収で6800万円を稼いでいます。



そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。



中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。



でも、僕はもともと賢かったわけでも、

能力が高かったわけでもありません。



むしろ、優秀な兄妹の中で

自分だけ平凡以下の成績しか出せず、

大学にも落ちてしまいました。



まさに劣等感の塊。



そんな僕でも稼ぐための知識と

知恵を学んだことで自信を得て、

今では6800万円稼げるようになりました。



その秘密を今だけ以下のページで公開しています。



⇒28歳で僕が年収6800万円稼げるようになった理由

ccfooter

↑これから最短で投資家として成功したい方はぜひご購読ください(無料です)。

知らないと損するメルマガ

ccmail

はじめての方へ

ccmail

FXを学びたい方におすすめ記事一覧

不動産投資を学びたい方におすすめ記事

人気記事まとめ

ccmail

LINE@登録者限定プレゼント


↑PCの方は「@cherry_coke」でID検索!

SNSで繋がりましょう!

FacebookBanner

TwitterBanner

mixiBanner

スクリーンショット 2016-05-07 16.47.10

【漫画】コンサル生に成功法則をガチ指導

初心者用レポート集

『年収1000万エリート投資家への最初の教科書』



『木村がFXで成功できた4つの理由』



『マイナス金利から読み解く!今、日本人が投資をしなければならない理由』

PAGE TOP