国内バイナリーと海外バイナリーの違い

こんにちは!

チェリーコークです!

今日は

国内バイナリーと海外バイナリーの違い

について書いていきたいと思います!

◎国内と海外の違い

なぜ海外に特化したのかと疑問を持たれた方、それは国内に比べメリット部分が多いからです。
ただ、デメリット部分が存在するのも確かです。
その両者の特徴を押さえながら海外バイナリーに迫っていきます。

◎海外バイナリーはここが違う!

では早速国内と海外の相違点を見ていきましょう。大きく分けて4つの違いがあります。
・ペイアウト率
・口座開設時間
・最短取引時間
・出金にかかる時間
4つだけ?と思うかもしれませんが、1つ1つが国内と海外バイナリーの大きな違いですので、
しっかりと確認しておく必要があります。それでは各項目を詳しく見て行きましょう。

◎ペイアウト率

まずは気になるペイアウト率
国内業者の平均は1.7倍~2.0倍なのに対して、
海外業者の平均は1.8倍から時には5倍以上に上ります。
これは海外業者のほうが取引方法も多く、多種多様な銘柄を揃えていることが大きく影響しています。
特にワンタッチ取引では予測・的中させる事が難しく、
その反面ペイアウト率も非常に高くなる傾向にあります。

◎口座開設時間

次に一番最初に行う口座開設時間。
国内業者は本人確認等色々な手続きを開設時にしなければなりませんが、
海外業者に関してはそういった手間がほとんどないため即日可能。
基本的な会員情報さえあれば、最短1分で口座開設ができる業者もあります。

◎最短取引時間

これが国内業者と海外業者の最大の違いと言っていいでしょう。
2013年に行われた規制により、国内業者は2時間毎の取引が強いられました。
この規制は国内限定でしたので、海外業者には適用されず従来の取引時間での取引が可能。
規制後の動きとしては、国内業者のトレーダーが続々と海外業者に移行しているとの見方もあり、
海外バイナリーへの注目度が増しているといった印象です。
ただ今後この規制の変更もありうるので、
取引判定時間が長いからという理由で簡単に完全移行してしまうのは時期尚早かもしれません。

◎出金にかかる時間

最後は出金にかかる時間です。
これは海外業者のデメリットとして挙げられると思います。
というのも国内業者であれば国内銀行を通して出金ができるのに対して、
海外業者はその国内銀行との媒介となる銀行が海外なので、それだけ出金手続きに時間がかかります。
この出金時間の関係でよく海外業者で話題に上るのが出金拒否です。
国内業者の感覚で出金しようと思うと確かにそういった勘違いも起こしそうですが、
実際は海外出金には上記のような物理的な問題が生じていることは、
しっかり認識しておく必要があります。

 

 

今日は以上になります!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

何か質問や相談、聞きたいことがありましたら

お問い合わせよりご連絡お待ちしています!

 
■常識に従って生きている限り、人は常に損をする


僕は28歳にして年収で6800万円を稼いでいます。



そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。



中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。



でも、僕はもともと賢かったわけでも、

能力が高かったわけでもありません。



むしろ、優秀な兄妹の中で

自分だけ平凡以下の成績しか出せず、

大学にも落ちてしまいました。



まさに劣等感の塊。



そんな僕でも稼ぐための知識と

知恵を学んだことで自信を得て、

今では6800万円稼げるようになりました。



その秘密を今だけ以下のページで公開しています。



⇒28歳で僕が年収6800万円稼げるようになった理由

ccfooter

↑これから最短で投資家として成功したい方はぜひご購読ください(無料です)。

知らないと損するメルマガ

ccmail

はじめての方へ

ccmail

FXを学びたい方におすすめ記事一覧

不動産投資を学びたい方におすすめ記事

人気記事まとめ

ccmail

LINE@登録者限定プレゼント


↑PCの方は「@cherry_coke」でID検索!

SNSで繋がりましょう!

FacebookBanner

TwitterBanner

mixiBanner

スクリーンショット 2016-05-07 16.47.10

【漫画】コンサル生に成功法則をガチ指導

初心者用レポート集

『年収1000万エリート投資家への最初の教科書』



『木村がFXで成功できた4つの理由』



『マイナス金利から読み解く!今、日本人が投資をしなければならない理由』

PAGE TOP