なぜ「7つの習慣」を読むと投資で成果を出すことができるのか

こんにちは、チェリーコーク木村です。

今回は7つの習慣を取り上げます。
7つの習慣とは、世界的にベストセラーとなった、自己啓発書・ビジネス書です。
個人・家庭・仕事としての活動など、人生全般に共通の成功法則について書かれています。

特に成功者が発言していることが多いです。なぜ、7つの習慣が推薦されるのか。
それは7つの習慣は原理原則を中心としており、いつの時代でも通用する普遍的な内容だからです。

投資も例外ではありません。
今回は7つの習慣を学ぶと、なぜ投資もうまくなるのかを話していきます。

そもそも7つの習慣って

7つの習慣は文字どおり、7つの習慣によって構成されています。

第1の習慣 主体的である
第2の習慣 終わりを思い描くことから始める
第3の習慣 最優先事項を優先する
第4の習慣 Win-WInを考える
第5の習慣 まず理解に徹し、そして理解される
第6の習慣 シナジーを創り出す
第7の習慣 刃を研ぐ

そして、大きく分けると3つのパートに分けられます。

私的成功

第1の習慣から第3の習慣までが、私的成功と呼ばれるパートです。
まずは、自分が成功しないといけません。そして自分が成功するためには、
依存から脱却し、自立しないといけません。

第1の習慣 主体性を発揮する

ほとんどの人は、生まれてから成長していくなかで、
社会通念上の常識からパラダイム(価値観)や考えを
手に入れることになります。

社会上の常識などに対しても、
本来は自分で判断することができるのです。
しかし、いままでの社会の常識に引っ張られてしまうことも少なくありません

一方、自分で判断できる人というのは主体性を持っている人であり、自分の人生に責任を
とる人でもあります。

自分の人生に責任を取れる人であれば、自分の身に何が起きようとも責任を
他人に転嫁せずに、自分でやり抜くことができます。

まずは自立することが第一です。

第2の習慣 終わりを思い描くことから始める

目的を持って始めることで、こうなるはずではなかったという事態を避けることが
できるようになります。

「家は2度建つ」という表現があります。家を建てる場合は、まず頭の中でイメージして、
1回建ち、その後実際に建つという意味です。
まずは最初にイメージすることの重要性を説いています。

作者であるコヴィー博士は、人生の終わりから逆算して考えるということを提唱
していました。
はしごの掛け違いを防ぐためにも、まずは最終のゴールを明確にすることが必要です。

あなたが、

どんなに毎日コツコツと一生懸命にハシゴを登っていても、
ハシゴを掛け違えれば、一段一段間違った場所に近づくだけ

です。

第3の習慣 最優先事項を優先する

間がやるタスクは、

第1領域 重要性があり緊急のタスク
第2領域 緊急ではないが重要なタスク
第3領域 重要ではないが緊急のタスク
第4領域 重要でもなく’緊急でも’ないタスク

の4つに分けることができます。

この中で、第1領域を行うことに対して異論はないでしょう。一方、第4領域はやる必要はありません。
第3領域は、必要がないけれども緊急だということでやる必要が出る可能性はあります。

問題は、第2領域です。
緊急ではないが重要なタスクは、本来は時間をとってでもすべきタスクです。
効果があるとわかっていてもできない部分をどのようにするのかが重要になってきます。

まずは第3領域や第4領域で使われていた時間をあてることになりますが、限度があります。
それに加えて、寝ずに働いたり仕事の効率をあげたりするのも限度があります。
人に依頼するという手もありますが、経済的に落ち着いていないのであればその方法も難しい可能性があります。
そういった状況でも、第2領域をこなそうと考えた場合、
できることの一つとして「NO」と言えるようになることがあげられます。
自分にとって最適なもの以外をNOと言う勇気が時には必要です。

公的成功

次は公的成功のパートです。具体的には第4の習慣から第6の習慣までが該当します。
公的成功とは信頼を元手に人と協力をすることで、より大きな成果を目指すことです。

第4の習慣 Win-WInを考える
第5の習慣 まず理解に徹し、そして理解される
第6の習慣 シナジーを創り出す

第4の習慣 Win-WInを考える

Win-WInとは、「自分も相手も両方勝つ状態にする」という考え方です。
究極的には、当事者全員にとって良い結果をもたらすためにはどうしたらいいかを考えます。

「自分だけが勝てばよい」というWIn-Loseや、「言われるがままでもしょうがない」という「Lose-Win」の考えを捨てることで、WIn-Winの道を模索することができます。

第5の習慣 まず理解に徹し、そして理解される

信頼関係を築きあげ、WIn-Winの関係になるためには、
お互いが理解できるようになることが必要です。

そのために必要なのは、自分のことを理解してもらうより前に、
相手のことを理解しようと心がける習慣です。

相手を判断したり、探ったり、助言したり、解釈したりする前に、
相手に感情移入して相手の目をとおして人生を見つめます。

そのために効果的なのは、
相手以上に相手の立場をうまく説明できるようになることです。

第6の習慣 シナジーを創り出す

コミュニケーションをする時に、人は得てして「妥協」しがちです。
これはシナジー(相乗効果)からは程遠い場所になり、
結果的に1+1が1以下になってしまいます。

このために必要なのは、相手の案でも、自分の案でもなく、お互いが満足できるような第3の案を提案することです。
その案は1+1が3になったりするようにするのです。

グループの中でのリーダーは、
常にシナジーを生み出すことを意識します。

相乗効果を発揮するためには、
人との相違を認めて尊ぶことが必要です。

最新再生

最後のテーマは最新再生です。この部分は、第7の習慣が該当します。
最新再生はメンテナンスとも言い換えることができます。

第7の習慣 刃を研ぐ

第7の習慣 刃を研ぐ

第7の習慣は、今ままでの6つの習慣をさらに成長させるための習慣です。
刃を研ぐことで常に新しいパワーを生み出すことができるようになります。

具体的には、自分の中にある4つの側面を最新再生します。

その4つとは

・肉体的側面
・精神的側面
・知的側面
・社会・情緒的側面

です。

最新再生するためには、自分に投資をする必要があります。
人生に立ち向かうためには、自分自身に投資をすることが刃を研ぐ習慣です。
上記4つの側面をバランスを考えながら磨いていくことで、すべての習慣が実現しやすくなります。

7つの習慣の基本的な考え方と投資の関係

・原則に従って生きること

7つの習慣の原点は原則に従って生きるということです。

原則とは、時間を超えて不変な価値観や心理のことです。
原則中心の生活をすることで、仕事・家族・人間関係の全てがうまくいき、逆に原則に逆らうと、人生のどこかの時点でうまくいかなくなるという、人類共通のルールのようなものです。

投資も原則にしたがって行う必要があります。7つの習慣も先人の知恵により完成されています。同じように投資も先人の知恵があるのです。先人の知恵を元に投資を行った方が結果はでます。

・変化は自分の中からしか起こせない

変化は自分の中からしか変化を起こすことはできません。良い夫婦関係になりたければ、まずは良い伴侶に成る必要があります。子供に良い子に育って欲しいと願うのなら、自分が先に良い親になる必要があります。仕事で認められたければ、良い従業員になります。

投資をやろうと思った場合も、自分自身が変わる必要があります。相場に変化しろといっても無理な話です。外部環境のせいではなく、自分を変えていく必要があるのです。

・自分の色眼鏡を外し続ける必要がある

私たちは物事をあるがままに見ることはできず、常に自分の色眼鏡をとおして世界を見ています。
自分の色眼鏡を理解して、意思をもって色眼鏡を変えることができれば、自分の世界は変わっていきます。

投資で稼げない人は、稼げてないうちから自分のやり方に固執してしまいます。自分自身の色眼鏡では稼げないのであれば、稼いでいる人の色眼鏡に変える必要があるのです。

私的成功から公的成功へ

まずは私的成功することが最初です。投資でもまずは自分自身が勝てるようになることが重要です。その後は、公的成功に進んでいきます。僕の場合はそのパターンで、今まで自分が培ったものを今度は教えることで公的成功を目指しているわけです。

お互いがWin-Winの関係になれるような世界を作りたいと思っています。

まずは、あなたが投資初心者であるのならば、やることは第1の習慣である
「主体性を発揮」するからです。
ぜひ試してもらいたいと思います。

 
ブログ村 ランキング始めました! 応援(クリック)お願いします^_^


■常識に従って生きている限り、人は常に損をする


僕は28歳にして年収で6800万円を稼いでいます。



そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。



中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。



でも、僕はもともと賢かったわけでも、

能力が高かったわけでもありません。



むしろ、優秀な兄妹の中で

自分だけ平凡以下の成績しか出せず、

大学にも落ちてしまいました。



まさに劣等感の塊。



そんな僕でも稼ぐための知識と

知恵を学んだことで自信を得て、

今では6800万円稼げるようになりました。



その秘密を今だけ以下のページで公開しています。




⇒28歳で僕が年収6800万円稼げるようになった理由

ccfooter

↑これから最短で投資家として成功したい方はぜひご購読ください(無料です)。

知らないと損するメルマガ

ccmail

はじめての方へ

ccmail

FXを学びたい方におすすめ記事一覧

不動産投資を学びたい方におすすめ記事

人気記事まとめ

ccmail

LINE@登録者限定プレゼント


↑PCの方は「@cherry_coke」でID検索!

特別企画

SNSで繋がりましょう!

FacebookBanner

TwitterBanner

mixiBanner

スクリーンショット 2016-05-07 16.47.10

【漫画】コンサル生に成功法則をガチ指導

初心者用レポート集

『年収1000万エリート投資家への最初の教科書』



『木村がFXで成功できた4つの理由』



『マイナス金利から読み解く!今、日本人が投資をしなければならない理由』

PAGE TOP