ユーロドルはFX初心者におすすめ?ユーロドルの特徴をオススメな理由を解説

どうも、チェリーコークこと木村です。

 

FXで取引を考えている人や始めたばかりの初心者の中には、ドル円やユーロ円といった勝ちやすく取引がしやすい通貨ペアで売買することがオススメです。しかし、通貨ペアの種類は多く、意外とマイナーな通貨ペアな方が取引はしやすという人もトレードスタイルによっては少なくありません。

 

しかし、選ぶ通貨ペアによっては値動きが激しくリスクがあるものの、通貨ペアの特徴を知らずに損失を出してしまうこともあるため、事前にどのような通貨なのを理解してから取引を始めることは重要です。

そこで、今回の記事では僕も多く取引することが多いユーロドルの特徴を解説しつつ、FX初心者に向いているのかをお伝えしていきたいと思います。

 

FX初心者には「EUR/USD(ユーロドル)」はオススメの通貨ペア

世界中に約200の国があり、それぞれ独自の通貨があり、FXではそれらの通貨で取引をして差額で利益を狙う形になります。ただ、全ての国が対象の取引というわけではありませんし、値動きが全く無いも通貨ペアもあれば、急激な動きを見せる通貨ペアもあったりと、大きく特徴が異なります。

 

しかし、FXでは証券会社によって異なりますが、20通貨ペア前後が平均で多い会社では100を超える通貨ペアで取引することもできるので、どの通貨ペアを選ぶのかをというのは意外と重要です。

 

 

通貨ペアの多い業者を選んだとしても、あまり多く取引しすぎては分析に時間がかかりますしミスも増えるでしょう。自動売買のような勝手に売買してくれるやり方であれば話は別かもしれませんが、自らの手で売買をするのならテクニカル分析やファンダメンタル分析を使って値動きを予測していくはずです。

 

 

そのなかでドル円などは初心者にオススメされる通貨ペアとして有名ですが、それは取引量が盛んで安定した為替変動をしているためです。

 

ただ、意外と見落としながちな通貨ペアでもあるユーロドルは、ドルを含んだ通貨ペアとして取引量が多くなっています。そして、世界で2番目に取引量が多いユーロとペアになっているので、取引量や値動きの予測のしやすを考えると初心者にオススメでも少ない通貨ペアの1つともいえます。

しかし、ドル円は世界で取引量が最も多い通貨ペアではなく、ユーロドルが最も多いです。

そう考えると、ユーロドルも安定した推移をしているため、初心者におすすめできると言えます。

 

FX取引におけるEUR/USD(ユーロドル)の特徴

ユーロドルは先程もお伝えしたように、金融市場では最も取引量が多い通貨の1つです。

国債決算銀行の調査では世界の4分の1のシェアを占めていると分かっているほどです。

 

取引量が多いことから、安定した変動を生じやすいためテクニカル分析が有効に働きやすく、ドル円と動揺の特徴があるのでFX初心者にもオススメの通貨ペアとして紹介されることも多くなっています。

ただ、不安定になる状況がドル円やユーロ円に比べるとあり、初心者のなかでは意外と取り入れていない人も少なくありません。

しかし、FXで売買していく通貨ペアとしてはかなり分析しやすい部類で、大きな利益をドル円やユーロ円に比べると伸ばしやすいのでぜひ取り入れられるように特徴などをおさておきましょう。

 

さて、ユーロドルには他にどういった特徴があるのか?

ユーロドルの主な特徴は以下の2つになります。

この2つの特徴は初心者でも利益を出しやすい武器になるのでぜひ理解しておきたいところです。

  • トレンドがはっきりしている
  • スワップ金利が大きい

それぞれの特徴について解説していきたいと思います。

 

ユーロドルはトレンドが把握しやすい

ユーロドルの特徴の1つ目は、トレンドが分かりやすく明確なことが多いことが挙げられます。

 

FXを始めたばかりの初心者が安定して利益を得続けるためには、テクニカル分析で如何にトレンドを予測していくのかがポイントの1つになります。しかし、変動が安定していないような通貨ペアでトレンドの分析がしずらく、分析をお此方としても予想外な動きが多くなります。

その点、ユーロドルではトレンドが生じやすく、偏り始めた際にはトレンドに沿って変動がしばらく続くことが多い特徴があります。なので、FX初心者でもトレンドが上昇と下降のどちらなのか?というkとを判断しやすいため、初心者からみれば多少値動きが激しいと感じることがあってもユーロドルは取り入れておいたほうがいい通貨ペアになります。

 

ただ、トレンドが発生しているのにむやみに逆張りしようとすると、トレンドが継続して損失が膨らむ可能性があるので、そういった通貨ペアの特徴を抑えながらもトレードスタイルを臨機応変に変えられることが最もベストな方法です。

 

 

スワップ金利が大きい

ユーロドルの特徴の2つ目は、スワップ金利が大きいことです。

FXでは差額を狙った取引以外にも金利差のスワップで利益を上げることもできます。スワップ金利が高い金利といえば、トルコリラや南アフリカランドが有名ですが、米ドルも政策金利によってスワップは期待できますし、ユーロドルでも少なくないスワップを得ることができます。

ユーロドルでは売りポジションでスワップが発生します

.

ユーロドルの取引でオススメの時間帯は14時以降

FXは土日を除いて24時間取引できますが、常に取引が活発というわけではありません。

通貨ペアはもちろん、取引が活発になる時間帯は異なります。そのためその通貨ペアごとの特徴を把握しておくことは、分析をしていくうえで重要な要素の1つです。

ユーロドルは、ヨーロッパの取引市場で積極的に取引され、ヨーロッパの取引市場が始まる15時前の14時から徐々に取引が盛んになります。

 

その後の18時頃になると経済指標が発表されることが多く、1日にトレンドが決まり始めるため、日本でなら仕事が終わってからチャンスを伺うには最適な時間ともいえるはずです。

さらに22時半から24時頃にはアメリカの指標が発表された影響で動きは再度生じるので、日中働いているサラリーマンにとってみれば仕事がない自由な時間と取引可能時間が重なっているのでオススメでもあります。

 

まとめ

FX初心者が通貨ペアを選ぶ際には、取引量が多く安定した為替変動が生じている通貨ペアを選ぶのが重要です。

その中でも時間帯や特徴からユーロドルから初心者だけではなく、多く取引をするサラリーマンの人にも最適だと分かったはずです。

日本人にとってはドル円の馴染みがあるため、初心者の中にはドル円から始める人も多いですが、ユーロドルも取引量が多く安定した為替変動が生じるため、初心者におすすめの通貨ペアだと覚えておきましょう。

 

しかし、ドル円の場合には、主にアメリカの情報に耳を傾けていれば問題ありませんが、ユーロドルの場合は、アメリカとユーロの両方の情報に耳を傾けている必要があります。より多くの情報収集が必要になるため、対策をしっかりと練ってから取引を始めることを忘れずにやっていくようにしてください。

 

 
ブログ村 ランキング始めました! 応援(クリック)お願いします^_^


■常識に従って生きている限り、人は常に損をする


僕は28歳にして年収で6800万円を稼いでいます。



そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。



中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。



でも、僕はもともと賢かったわけでも、

能力が高かったわけでもありません。



むしろ、優秀な兄妹の中で

自分だけ平凡以下の成績しか出せず、

大学にも落ちてしまいました。



まさに劣等感の塊。



そんな僕でも稼ぐための知識と

知恵を学んだことで自信を得て、

今では6800万円稼げるようになりました。



その秘密を今だけ以下のページで公開しています。




⇒28歳で僕が年収6800万円稼げるようになった理由
↑これから最短で投資家として成功したい方はぜひご購読ください(無料です)。

知らないと損するメルマガ

ccmail

はじめての方へ

ccmail

FXを学びたい方におすすめ記事一覧

不動産投資を学びたい方におすすめ記事

人気記事まとめ

ccmail

LINE@登録者限定プレゼント


↑PCの方は「@cherry_coke」でID検索!

特別企画

SNSで繋がりましょう!

FacebookBanner

TwitterBanner

mixiBanner

スクリーンショット 2016-05-07 16.47.10

【漫画】コンサル生に成功法則をガチ指導

初心者用レポート集

『年収1000万エリート投資家への最初の教科書』



『木村がFXで成功できた4つの理由』



『マイナス金利から読み解く!今、日本人が投資をしなければならない理由』

PAGE TOP