FXで勝ち続けるためのメンタルコントロールを身につける方法とは?

こんにちは、チェリーコーク木村です。

 

今回はFXにおけるメンタルについて説明していきます。

FXなどの投資で頻繁にメンタルの話しはでますが、形がないだけに多くの投資家が軽視しています。

 

ところが、このメンタルが正常でなければ、取引において致命的な売買の失敗を繰り替えてしまいます。

そういった無駄な損失を生み出さないためにも、FXにおけるメンタルの重要性を把握して克服していけるようにしていきましょう。

 

目の前の利益にむやみに飛びつかないメンタル

メンタルトレーニングというものを聞いたことがある人は多いと思います。

それと同時にメンタルを鍛えていくことができるということは、「弱いメンタル」「強いメンタル」があることにもなりますよね。

 

強いメンタルの持ち主は、どんな緊迫した相場状況や売買の状況であったとしても平常心を保ち、実力を発揮することができるので利益を安定的に得ることができます。

 

しかし、弱いメンタルの人は、その売買をしたくても感情が優先して行動に出てしまうため、デモでの取引では正常にトレードすることができても、リアルマナーでの売買になると途端に平常心を保てなくなります。

 

特に利益が大きく出る可能性がある急騰

損失が少なくなるかもしれない希望的な思考

 

といった場面で多くの人が少なからず影響を受けます。そして、平常心を保てていない場合にはどのような感情や行動になるのか?

 

また、順調に予想が的中して含み益が生じた場合には、利益を出して多くの資産を増やすという目的が投資で成就しているのですから、嬉しく感じるのは当たり前です。

しかし、FXでは常に為替レートが変動していますので、今は含み益の状態でもたったの5分、10分で大きく反転して含み益に転じる可能性も0ではありません。

 

ここで平常心を保てるのかどうかは、利益を安定的に出せるようになるのかの分岐点になります。

 

なぜなら、人はどうしても含み益が生じると早く利益を確定してしまいたくなるからです。もちろん早い利確が間違っているというわけではありません。

レジスタンスラインやサポートラインをブレークできなければ反発するので、状況によって早い利確が正解の場合もあります。

 

問題は気持ちが焦ってしまい、前後の見境なく利益に飛びついてしまうことです。

FXで勝つために重要なのは「損小利大」ですので、含み益が出てすぐに決算していたら利大の実現は難しくなります。

 

むやみに利益に飛びつかない、そういった我慢できるメンタルがFXでは必要になります。

 

損を許容できるメンタル

FXをやっていれば、必ず損をすることになります。

こういった言い方は語弊が生まれますが、損失は少なかれ必ず発生するという意味です。

 

含み益を抱えているときはまだ余裕がメンタルには生まれるので崩れづらい状態ですが、含み損をしているときには、人は損をすることを拒絶するため、無意識に損失を少なくするための行動をとってしまいます。

 

値動きで突発的な動きやトレンドが続かないと希望的に考え、「もしかするとトレンドが転換期を迎えて反転するかもしれない」「明日には含み益になるかもしれない」と、自分に都合の良い誘惑を考えてしまい、葛藤が生まれるわけです。

 

もちろん、可能性はゼロではありませんが、結果的に予想通りに損失が抑えられることもあれば、余計に膨らむこともあり、分からない状況なのは確かです。そのような状況は計画的なトレードをしていない証拠でもありますが、ほぼギャンブルに近い取引なため、同じ売買方法でやっていればいずれ大きな損失を生んでしまいます。

 

損切りしないといけないと分かっているのにできない….。

未練たらしく損失を確定できないと、損がさらに損を呼び、強制ロスカットになってしまう危険性もあります。

 

これではFXの取引自体を続けるのに支障がでるので、FXをする以上は一定の損を許容するメンタルの強さが必ず必要になります。損をしたくないという自分のメンタルに打ち克ち、迅速に売買行動に移せるようにできるメンタルをつけておきましょう。

 

 

取引の足跡からメンタルの不調を探す

メンタルが原因でも問題をメンタルだと考えないのは、冒頭でもいったように形がないためです。

そこで考える必要があるのは、このメンタルの不調を如何に形にできるか?ということです。

 

このために必要なのは、取引していた時間を画像で残しておいたり、勝率表などから取引回数などを取引に対しての足跡を見れるようにしておくことです。勝率表や売買タイミングの画像で見返すのは、トレーダーであればやっておかなければいけないことですが、意外とやっていない人は多くいます。

 

その結果、本当に勝てるのか確信が持てないところも多く、淡々と取引ができない原因にもなります。

取引を重ねていくことで利益が出るとわかれば、余裕が生まれるし損失が出ても受け入れやすくなります。

 

成功者のモデリングをメンタルでも行う

「本当に勝てるか不安」「もしかしたら失敗するかもしれない」そういったネガティブな思考は、リスクマネジメントにも繋がるので大切な要素でもあります。

これ自体を否定するつもりはありません。

 

しかし、常にポジティブ思考や考えなしではリスクマネジメントが疎かになり、いずれは大きな失敗に繋がります。

こうなってしまえば、FXの世界自体から退場してしまうことになります。

 

大切なことは、「決めたことはブレずに実行する」メンタルです。

しっかりとリスクマネジメントを決めた方向であれば自分を信じて進む勇気が必要ですし、成功できている人はそれが自然とできています。

 

そこで「成功者のモデリング」をするのがメンタルトレーニングには有効的になります。

モデリングするというは、真似をするということです。

 

もちろん、マインドもモデリングすべてきなのですが、まずは成功者の考えや投資に関しても捉え方などを真似してみましょう。

 

投資に成功している人のサイトやTwitter、本でも構いません。

モデリング効果は、真似ることによって同じ心境になれるということです。

 

つまり、成功者と同じ自信を得ることができます。

 

これを意識的に繰り返していけば、自分の潜在能力を上書きするとともに、自分もできるという思いが意識で湧き上がってくるので、緊迫したシーンでも成功者をモデリングし続けることで、平常心を保ち、実力を発揮できるわけです。

 

僕のメルマガでもお伝えしていますが、そういった投資に必要な考えやマインドというのは必ず勝ち続けるためには必要です。

 

FXでただ取引しているだけではメンタルトレーニングにはなりませんので、知識や考え、マインドから取り入れて上手く売買に活かせるようにすることが重要です。

 

メンタルを鍛え、感情をコントロールできるようになれば、FXで勝てる可能性も高まりますので、ぜひメンタルの状態を正常にできるようになりましょう。

 

 

 

 
ブログ村 ランキング始めました! 応援(クリック)お願いします^_^


■常識に従って生きている限り、人は常に損をする


僕は28歳にして年収で6800万円を稼いでいます。



そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。



中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。



でも、僕はもともと賢かったわけでも、

能力が高かったわけでもありません。



むしろ、優秀な兄妹の中で

自分だけ平凡以下の成績しか出せず、

大学にも落ちてしまいました。



まさに劣等感の塊。



そんな僕でも稼ぐための知識と

知恵を学んだことで自信を得て、

今では6800万円稼げるようになりました。



その秘密を今だけ以下のページで公開しています。




⇒28歳で僕が年収6800万円稼げるようになった理由
↑これから最短で投資家として成功したい方はぜひご購読ください(無料です)。

知らないと損するメルマガ

ccmail

はじめての方へ

ccmail

FXを学びたい方におすすめ記事一覧

不動産投資を学びたい方におすすめ記事

人気記事まとめ

ccmail

LINE@登録者限定プレゼント


↑PCの方は「@cherry_coke」でID検索!

特別企画

SNSで繋がりましょう!

FacebookBanner

TwitterBanner

mixiBanner

スクリーンショット 2016-05-07 16.47.10

【漫画】コンサル生に成功法則をガチ指導

初心者用レポート集

『年収1000万エリート投資家への最初の教科書』



『木村がFXで成功できた4つの理由』



『マイナス金利から読み解く!今、日本人が投資をしなければならない理由』

PAGE TOP