投資で成功する人・失敗する人の改善すべき3つの特徴

こんばんわ

チェリーコークです!

 

投資では9割の投資家が負けていると言われていますが、それはなぜなのかを知っていますか?

それは成功している人が特別な売買方法をしているからでも、大きな資金力があるからではありません。それと同時に、失敗する人には失敗する人なりの傾向があります。

 

今回の記事では、そういった売買方法や手法といた小手先の技術ではなく、勝つために必要や要素と負ける人が持っている特徴をお伝えしていきます。

投資で成功する人には、投資に対する知識やテクニック以上に考え方や姿勢において共通点がありますので、ぜひ取り入れて投資家としての力を身に着けていきましょう。

 

投資で勝つために必要な3つの思考

考え方がどう変わるのか?これは意外と考えないことでもあります。

しかし、貯金しようとしない人がお金をためられないように、考えや姿勢といった思考は大切です。

 

まずは勝つために必要な3つの思考を見ていきたいと思います。

 

 

あまり儲けようと思わない

投資で成功する人に共通する1つの特徴が、あまり儲けようと思わないということです。

 

「○カ月以内に投資元本を○倍にする!」と儲けばかりに目がいってしまうと、待たなければならないところで焦ってエントリーをしたり、損切りするべきタイミングで損切りできなかったりして失敗につながってしまいます。

 

できる限りリスクを避けようとする

投資で成功する人に共通する2つめの特徴が、できるかぎりリスクを避けようとすることです。

 

「リスクの高い銘柄や通貨はリターンも大きい」のは投資の原則ですが、そのような投資方法はどちらかというとギャンブラー的考えです。

 

こういった考えを持たない方が成功につながりやすいものです。

 

待つことができる

投資で成功する人に共通する3つめの特徴は、待つことができるということです。

 

投資をしていると、どこかで損切りをする必要があり、

損切りの結果全体の収支がマイナスになってしまうことがあります。

 

こうした状況に置かれると、何とか負けを取り戻してプラスにしたいと思ってしまいますが、この時、自分の感情に流されず次の波を持てる人が投資で成功できる人です。

 

また、自分が見ていない時に値動きがあり「狙っていたエントリーを逃してしまう」ということが「自分は損した」というように感じてしまうこともあります。

 

このような場合でも自分の感情を投資に持ち込まないようにしましょう。

 

自分の感情が投資に影響を与えそうだと感じたら、思い切って一度相場から離れてみるのも一つの手です。

 

負ける人に共通している3つのポイント

成功する人の特徴を知った後は、失敗する人の傾向も見ていきましょう。

よくメリットとデメリットと言う形で、良い面と悪い面を紹介されることが多いように、投資で負けない行動が発生しないために抑えておくべきポイントは知っておかなければいけません。

 

次は負ける人に共通している3つのポイントを見ていきましょう。

 

ギャンブラー的マインドを持つ

投資で失敗する人の多くが投資にギャンブラー的マインドを持ち込んでしまいます。

投資をしていると、少し儲けると「もっと稼ぎたい」、損失が出てしまうと「すぐにでも負けを取り戻したい」という感情が芽生えてしまうものです。

そうした感情は投資で成功するためには邪魔でしかありません。

これには個人差もありますが、自分が熱くなりやすいタイプであればそのことを自覚して、感情に流されないよう対処方法を事前に考えてかなくてはいけません。

 

損切りが出来ない

損切りとは、損失を出している時に、その損失をそれ以上拡大させないために保有しているものを売却して損失を確定することです。

 

人は、同じ額であれば利益より損失の方が大きく感じるという特徴があります。

 

すでに損失を出している中、「もう一度上がるかもしれない」と思いながらも売却して30万円の損失を確定するより、利益を出している中、「まだ上がるかもしれない」と思いながらも売却して30万円の利益を確定するのであれば後者の方が決断しやすいはずです。

 

この前者の判断が損切りと呼ばれるものですが、この損切りを適切にできるかどうかが投資で失敗しないための1つのポイントとなります。

 

自分で決めたルールを守れない、もしくはルールを作らない

人は同じ額であれば利益より損失の方を大きく感じる特徴があるとお伝えしましたが、このように人は投資に感情を持ち込んでしまいがちです。

感情を持ち込んでしまった投資は失敗につながりやすくなります。

 

そこで、投資に有効な方法が投資した金額より○%株価が下がったら売却するといった自己ルールを決めるという方法です。

こうすることで強制的に損切りをするようにします。

 

実際に自己ルールを作って取り組んでみると、負けの数自体は多くなっていると感じるかもしれませんが1カ月や1年など長期の運用成績で見ればプラスになっているという実感を得られることが多くなるはずです。

 

なので、ルールをまずは作ることから始めていきましょう!

 

 

まとめ

今回成功する人と負ける人の共通点をお伝えしましたが、あなたに該当したものはあったでしょうか?

投資家として売買していれば、常日ごとの取引や考え方というのは意識しなければ反省点や問題点すら浮かぶことはありません。

 

しかし、失敗した人が過去に多くいるように、傾向や特徴というのはすでにたくさん分かっています。だからこそ、あなたも同じような状態に陥っていないか確認するようにしてください。

また、勝つために方法も同様で、やり方や売買といった技術的なものは二の次です。

 

為替に100%はないのですから、明確に目標と損益額を決めてギャンブラーとしてではなく、投資家として資金を運用していきましょう。

 
ブログ村 ランキング始めました! 応援(クリック)お願いします^_^


■常識に従って生きている限り、人は常に損をする


僕は28歳にして年収で6800万円を稼いでいます。



そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。



中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。



でも、僕はもともと賢かったわけでも、

能力が高かったわけでもありません。



むしろ、優秀な兄妹の中で

自分だけ平凡以下の成績しか出せず、

大学にも落ちてしまいました。



まさに劣等感の塊。



そんな僕でも稼ぐための知識と

知恵を学んだことで自信を得て、

今では6800万円稼げるようになりました。



その秘密を今だけ以下のページで公開しています。




⇒28歳で僕が年収6800万円稼げるようになった理由
↑これから最短で投資家として成功したい方はぜひご購読ください(無料です)。

知らないと損するメルマガ

ccmail

はじめての方へ

ccmail

FXを学びたい方におすすめ記事一覧

不動産投資を学びたい方におすすめ記事

人気記事まとめ

ccmail

LINE@登録者限定プレゼント


↑PCの方は「@cherry_coke」でID検索!

特別企画

SNSで繋がりましょう!

FacebookBanner

TwitterBanner

mixiBanner

スクリーンショット 2016-05-07 16.47.10

【漫画】コンサル生に成功法則をガチ指導

初心者用レポート集

『年収1000万エリート投資家への最初の教科書』



『木村がFXで成功できた4つの理由』



『マイナス金利から読み解く!今、日本人が投資をしなければならない理由』

PAGE TOP