歯医者に行くのが怖い人へ「問題の先送り」は良いことが1つもない

歯医者ってなんか嫌ですよね。

行かなきゃ行けないのはわかってるんだけど、
行ったらすげー痛い思いをするんじゃないかとか。

いろいろネガティブなことを考えてしまいますよね。

僕も明らかに「これ虫歯だろ」っていう歯があったのですが、
ずるずると行くタイミングを逃し続け、結局、

約3年間も放置してしまいました。苦笑

今回はそんな3年間自分の歯を放置し続けた結果、
僕がいったいどういう末路を辿ったのか。

そして、そこから僕が得た生きる上での
「大事な教訓」をお話したいと思います。

 

■3年間放置した虫歯がヤバくなってて後悔した話

僕が3年間放置し続けたのは
奥歯の親知らずと、その一個手前の歯。

ぶっちゃけ3年間で相当痛かったです。泣

が、不思議とすごく痛い期間が続いたかと思えば、
その後はしばらくずっと痛くなかったりとか。

そういう波が交互に来る感じで。

なんかこう、

「もうダメだ!痛すぎて我慢できない!」

ということはなかったんですよね。

痛みが出てない時期には、

「あ、もしかしてこれ治ったんじゃね?」

っていう妄想をしてみたり。

バカですね。苦笑

そんなわけないのに。

ただ、ある時、この自分の歯が一体どういう状況なのか、
一度ちゃんと診てもらっったほうがいいのでは、という気持ちが強くなりました。

もしかしたら虫歯からさらに進行して
ヤバイ病気になっているかもしれない・・・。

そんなネガティブな妄想もあり、
僕はついに3年振りに歯医者の門を叩くことになったわけです。

すると、

虫歯が進みすぎて神経が全部やられて歯根のみ残った状態

でした。

ああ、途中で歯の一部がかけて
歯に穴が空いたような状態になってたのはそういうことだったのかーと。

・・・まあ、こんだけ長く放置してたらそうなりますね。苦笑

この状態になると、神経がもうないので、逆に痛みはありませんでした。

(ここに至るまではすげー痛かったですけど。今思うとよく我慢したなと思いますね)

で、一体どんな治療をするのか話を聞いたところ、

「親知らずはいらないので抜きましょう」

あーまあそうですね。わかりました。

「問題はもう一つの歯ですが、これはちょっと難しいですね」

え?どう難しいんですか?

「歯冠(歯茎の表面に出てる部分)がかけちゃってからずっと放置してた結果、
その上の歯が噛み合わせる歯がなくなったことで、
下にぐーっと伸びてきちゃってるのよ」

あーなるほど。

「だからね、かけた歯を治療してその上にカバーをかけようとしてもね、
歯と歯の間が狭すぎてちゃんとした大きなカバーがかけられないから、

上の歯の神経を抜いて削って、高さを調整するけどいい?」

 

え、神経を抜く?削る?(ガクブル)

 

「ちなみに神経抜くと歯は将来的にダメになる可能性高いから、
まあ覚悟してね」

おいおい、なんか痛くて面倒そうな治療するのに、
結局ダメになるのかよ・・・。

 

こんな感じで、虫歯を3年間放置した挙げ句、
僕は歯医者に今も治療のために通い続けるハメになっています。

これってめちゃくちゃ時間的損失ですよね。

この歯医者行く時間を使って仕事したり、
知識を入れることができたら
もっと速いスピードで進化できた可能性があるのに。

「問題の先送り」は、本当に悪いことしかない。

僕は治療費やそれにかける余計な時間など、
大きな代償を経て、このことを学んだのでした。

 

■僕が問題を先送りして損した事例&損切りすべき事例

ちょうどいい機会なので、
他にも僕がこれまで問題の先送りをして
後悔した事例をまとめておこうと思います。

人間、せっかく学んでも
復習しないとついつい忘れてしまいますからね。

では、スタート。

僕は会社経営してるのですが、
問題の先送りは本当にいい事が1つもないと、強く実感しています。

たとえば、ある事業で順調に利益が上がってたんですが、
運営しているWEBサイトへのアクセスは減ってたんですね。

これはマズイ。今はいいけど来月は売上がガクッと落ちるかもしれない。

わかってはいたんです。

ただ、売上自体は順調に伸びてたんで、
とりあえず様子見しようかーってなって、
具体的な対処をせずに放置してたんですね。

そうしたら次の月、案の定売上はプロジェクト開始から最低を記録。

これも問題を先延ばしにした結果ですね。

まあ、その時は、SEOの専門家を雇ってWEBサイトを見てもらって
原因が判明して、急いで修正したら回復したんでよかったですが。

人間、臭いものには蓋をするというか、
見たくないものは無意識に避けるという判断をしがちです。

僕自身、今はだいぶ問題を先送りすることはなくなってますが
もともとはその気があるので、本当に注意しないといけないなーと思ってます。

「明日やろうは馬鹿野郎」
「今やらなかったら一生やらない」

これを常に意識してます。

部下やパートナーにも

「何かミスや問題が起こったら
責めたりしないから遠慮なく言ってくれ」

と、口酸っぱく言っています。

早急に手を打てば最小限の被害で済んだのに、
変にごまかされて問題への対処が遅れ、
報告された時にはもう手の打ちようがない・・・
なんてて状況は是が非でも避けたいですから。

が、これも実際に合った事例で、
弊社が手がけるあるサービスの顧客対応を任せていた部下がいたんですが、
あるお客さんへの対応をつい怠ってしまったんですね。

結果、そのお客さんは怒り心頭。
会社にクレームを入れて来ました。

が、これはマズイと思ったのか、
そのことを部下は僕に一切報告せずに、内々に処理しようとしたんですね。

この時点で正直に打ち明けてくれてればよかったんですが・・・。

彼との信頼関係が十分できてなかったのか、彼はそうはしませんでした。

で、彼の対応の仕方がまた悪くて、
僕が事態を把握したときには
お客さんが雇った弁護士から内容証明郵便が送られるところまで行っていたんですね。

その後、僕自ら誠心誠意お詫びをして
なんとか和解できたからよかったものの、
下手したらたいへんな損害が出ているところでした。

僕自身やってしまいがちなことなので、自戒を込めて言いますが、

問題を先送りしても、
本当に良いことは1つもないです。

間違いを起こさないようにするのが一番ですが、
人間である以上ミスは必ずします。

大事なのは、「ミスった」と思った時に、
問題を先送りせず、迅速な対処ができるかどうか。

いわゆる「損切り」ですよね。

トレードでも、相場が予想外の動きをした時は、
潔く「ミス」を認めて、「損」を確定しなくてはいけません。

これがきちんとできる人、
つまり感情に流されず、客観的にベストな選択ができる人が投資家として大成します。

この損切りを行うか否かを迫られる場面は、
日常生活の中でも数多くあります。

たとえば、
ある女性が結婚したものの、
だんだんとそのパートナーと一緒にいることに

「メリットがない
(安らぎが得られない、得られる収入が少ない、楽しくないetc…)」

と感じ始めていたとします。

この場合は早急にその男性との結婚生活を「損切り」して、
他のもっと魅力的な男性を探したほうがいいです。

なぜなら、女性が美しさを保ち、
他の魅力的な男性をパートナーにできる期間には限りがあるからです。

ようするに、この「メリットのない男性」と長く一緒にいればいるほど、
その女性がよりよいパートナーを見つけて
幸せになれる確率は減ってしまうということ。

だったら、早急に見切りをつけたほうがいいよね。
ということです。

もちろん、これは極論ですけどね。

他にも、勤める職場や、加わるプロジェクトや、飲み会や、遊ぶ仲間など。

よりよい人生のために、

「損切りすべきか」

考えなければいけない対象は無限にあります。

ある意味、この損切りをためらいなく行うことさえできれば、
人生はそれだけダイナミックに変化していきます。

でも、上手く行く投資家や経営者、
もしくは、その他の分野で成功する人たちは皆、
「損切り」という部分において、それを躊躇なく行える資質を持っています。

僕も今ではだいぶ、「損切り」の判断が迅速にできるようになってきました。

あなたもぜひこの人生において、損切りという概念を取り入れてみてください。

人生が劇的に変わりますよ。

 

具体的に「何をしたら人生がよくなるか」っていう話は、僕が無料で発行してるメールセミナー内でしているので、興味ある方はそちらを見てみてください。

チェリーコークのメールセミナー(無料)

 

チェリーコーク(木村裕一)

P.S.

今は歯医者の技術も進化してて、

治療中の痛みはかなり少なくなってるのでビビらず行きましょう。苦笑

後で後悔しないために。

 
ブログ村 ランキング始めました! 応援(クリック)お願いします^_^


■常識に従って生きている限り、人は常に損をする


僕は28歳にして年収で6800万円を稼いでいます。



そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。



中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。



でも、僕はもともと賢かったわけでも、

能力が高かったわけでもありません。



むしろ、優秀な兄妹の中で

自分だけ平凡以下の成績しか出せず、

大学にも落ちてしまいました。



まさに劣等感の塊。



そんな僕でも稼ぐための知識と

知恵を学んだことで自信を得て、

今では6800万円稼げるようになりました。



その秘密を今だけ以下のページで公開しています。




⇒28歳で僕が年収6800万円稼げるようになった理由

ccfooter

↑これから最短で投資家として成功したい方はぜひご購読ください(無料です)。

知らないと損するメルマガ

ccmail

はじめての方へ

ccmail

FXを学びたい方におすすめ記事一覧

不動産投資を学びたい方におすすめ記事

人気記事まとめ

ccmail

LINE@登録者限定プレゼント


↑PCの方は「@cherry_coke」でID検索!

特別企画

SNSで繋がりましょう!

FacebookBanner

TwitterBanner

mixiBanner

スクリーンショット 2016-05-07 16.47.10

【漫画】コンサル生に成功法則をガチ指導

初心者用レポート集

『年収1000万エリート投資家への最初の教科書』



『木村がFXで成功できた4つの理由』



『マイナス金利から読み解く!今、日本人が投資をしなければならない理由』

PAGE TOP