起業?投資?どちらがおすすめ?生活苦を抜け出すための2つの方法

どうも、チェリーコークこと木村です。

前回までで現在の日本が追いやられている状況や
資産運用をなぜしなければいけないかその理由と、
その根本治療としての「お金」というもに対するパラダイムシフトを起こすようなそんな話をしてきました。

前回記事:借金は悪くないむしろ良い事だというマインドセット。貧乏脳を脱出しろ!

ただ、現状はよくわかったもののあまりハッピーな話じゃなかったため、
若干気分が暗くなってしまったという人も多いと思います。

でも、ご安心ください。

ここからはいよいよ

「じゃあそんな現実と向き合ったときに、いったいどうしたら現状のジリ貧の生活を抜け出し、
豊かに楽しく生きていくことができるのか?」

そんな具体的な問題解決の方法をお話したいと思います。

 

 

起業と投資、どちらの選択肢を取るべきか?

 

経済力を高めるためには主に2つの選択肢があります。

一つが起業して一から新たな事業を起こし、
そこで売上を上げて大きな資産を得ようとすること。

もう一つが投資家として今ある資本を運用に回し、
少しずつ資産を増やしていくこと。

僕自身、たくさんの起業家さんにも投資家さんにもお会いしたことがあるんですが、
俯瞰して見るとやはり現在何もないサラリーマンの人は
起業より投資でお金を増やしていく方が成功率は高いと感じます。

起業する場合、
参入する市場のリサーチから、企画のアイディア出しから、
商品の仕入れ、販売、顧客フォロー、スタッフの雇用、教育などなど
やはり収益を出すまでにやるべきことがめちゃくちゃたくさんあるんですよね。

お金も時間もめちゃくちゃかかりますし。

しかも、そこまでしても、成功確率は低いわけです。

何しろ5年以上生き残る会社が全体の2割とかですからね。

やるならそれだけのリスクを背負って始める覚悟が必要ですが、
ただ、それだけの「背水の陣」でやるというのは普通は難しいと思います。

ちなみに、会社員を続けながら「副業する」っていう選択肢もありますが、
前回の記事でも話したように、

参考記事:借金は悪くないむしろ良い事だというマインドセット。貧乏脳を脱出しろ!

全人類の中でこれほどまでにハードに働いている日本人が、
会社から帰ってきてさらに夜中にまで副業するというのは、やはりなかなか難しいと思うわけですね。

また仮に休み返上で副業に取り組んだとしても、
1ヶ月に5万円稼げればいいほうでしょう。

もちろん、5万円でも稼げるに越したことはないかもしれませんが、
それを定年退職まで今後ずーっと続けていくというのは正味現実的じゃないと思います。

今はそれでよくても、そのうち家族ができてどうしてもそちらに時間が取られたり、
もしくは自分の身体にもしものことがあった場合、その瞬間収益はストップしてしまいます。

 

そこで、僕がお勧めするのは
今ある給料から貯金したり、もしくは副業で余剰収入があるのなら、

それらを効率的に運用して、半自動で収益を出していく

というやり方です。

つまり、投資家として資産を運用していく、ということですね。

 

起業よりも投資が優れている理由

 

僕が投資をお勧めする理由はなんと言っても、
起業に比べてリスクが少ないという点と、再現性がある点。

そして、もう一つが起業とは違い、
自分がほぼ動かなくても半自動で毎月収益が上がる仕組みを構築できるということです。

いわゆる「不労所得」というやつですが、
これが本当にめちゃくちゃいいです。笑

SNSでいかにもイケイケな感じで見せてる起業家さんは何人もいますが、
実際に彼らに会って話を聞いてみると、
毎日1日14時間くらい、馬車馬のように働いてる人がほとんど。

なぜなら、いつまでも自分でお客さんを集客して、
自分で商品を販売してフォローするという、
オーナーというより、完全な肉体労働に走ってる人がほとんどだからです。

だから、彼らは人並み以上には稼げてるけど、自分の自由な時間はなかったりします。

彼らを見てるとすげー勿体無いなーって思うんですよね。

そんだけ稼いでるんだったら、
旅行したりキャバクラ行ったりして稼いだお金をただ遊んで消費するんじゃなく、
効果的に複利で運用していけば、資産1億なんてあっという間に達成できるのに。

なので、彼らに僕が普段どんな投資先に資金を投げて
どんなポートフォリオを組んでいるかなどを話してあげるとめちゃめちゃ食いつかれます。笑

まあ、こんなのは結局知ってるかどうか、ですからね。

なんらスキルはいらないですし、
上手く行ってる人の戦略を真似ればそのまま上手くいくので。

あ、もちろん投資を始めるのに
多額の資金が必要というわけでもないです。

もちろん、資金が多い方が選択肢は増えますが、少ないなら少ないなりのやり方があるので全く問題ありません。

僕のクライアントさんであれば、
20万円から始めてその月で一気に2倍の40万円以上に増やした人もいます。

しかも、この成果を出すのに要した期間はほぼありません。

もう僕と初めて出会ってその月からこんくらいの成果を出してるのでw

このスピード感、そして特別な才能やスキル関係なしに、
皆ある程度同じような成果を出せるのが、
その他のビジネスにはない、投資のすごいところです。

正しい知識と戦略を元に運用すれば、最短で、かつ継続的に不労収入を得ていくことが可能です。

 

じゃあ具体的にどんな投資をすればいい?

 

ただ、投資案件もピンキリなので、なんでもかんでも投資すればいいというわけではもちろんありません。

中には最初話してたような利回りでは全く増えない所や、
それどころか資金を投げて3ヶ月後にはもう完全に資金が溶けてなくなってしまったりとか、
そういう危険度の高い詐欺的な案件もたくさんあるので注意が必要です。

このように投資の最大のデメリットは、
最悪の場合資金がすべて溶けてなくなってしまうなど、
成果に対して不確定なリスクがあるということです。

そこで、投資家として成功するための鍵は、
収益性を最大化した上で、いかにリスクを小さく抑えるか。

ここからはそのための超重要なポイントを3つ解説していきます。

1.認知度が低い商品を選ぶ

 

これが1つ目のポイント。

「え、認知度が高いほうが安全なんじゃないの?」

と多くの人は考えるかもしれません。

確かに認知度が高い案件というのは安全です。

しかし、そういう案件はすでに先に大きな企業や銀行が参入してる場合がほとんど。

つまり、そういう案件は基本的に僕たちのような個人投資家が参入する余地がないわけです。

わかりやすく言えば、
大御所監督や有名俳優を起用して間違いなくヒットするであろうと思われている
映画のスポンサーに個人がなれるか?

間違いなくなれないですよね。

そんな大きなバジェット(製作コスト)の映画のスポンサーは
同じく誰もが知るような大企業しかなれません。

投資を募る意味とはすなわち「資金調達」ですから、
大きく目立つ案件ほど、最初に「お金を持ってそうな人」のところに話が降りていくに決まっているのです。

だから、そんなハナから入れない枠を狙うのではなく、
僕たちは世の中には全然知られておらず、認知度が低いけれども、
安全性と利回りの高さは保証されているという、
まさに「穴場」「B級グルメ」的な案件を選定するのが重要だということです。

実際、世の中に出回ってる9割の投資案件は「クソ」です。

だからこそ、僕たち投資家は投資先のリサーチにこそ、
最も多くの時間を割く必要があります。

逆に、案件リサーチさえ済んでしまえば、
あとはそこに資金を投げるだけでがっぽがっぽ利益を得ることができます。

 

2.トラックレコードがあるか

 

次に「いい案件かどうか」を見極める上で重要なのが、
きちんとした利回りを出せている実績が出せるかどうかです。

この利回り実績のことを「トラックレコード」と言います。

こうした明確な実績が出せない案件はダメです。

それが利回りが出ている「エビデンス(証拠)」になるので。

よく、初心者の方だとこうした投資案件のリサーチに
「私情」を絡めて失敗してしまうことがよくあります。

「お世話になっら○○さんからの紹介だから・・・」

こうした感情優位の判断は投資には不要です。

投資の世界で成功するために重要なのは
客観的な数字、確率、それを裏付けるデータのみです。

でなければ、悪徳業者に騙されて終わります。

数字以外の主観的な判断材料はすべて封印するようにしましょう。

 

3.1、2までの条件に当てはまるものを複数やる

 

ここまでのポイントをまとめると、
認知度は低いけども、トラックレコードがそろってて
エビデンスレベルが高いものを選ぶ
ということです。

上記の基準に合致し、さらに自分の頭の中でもこれはいいなーと思った案件を見つけた場合は
そこに資金を投げていいと思います。

ただ、どんな投資案件にも絶対はないというのはよく覚えておいてください。

仮に「80%利益が出る案件」があったとしても、
もしかしたら20パーセントにはまってしまう可能性もなきにしもあらずなわけです。

そこで、80%儲かるやつを複数やる。

これが最強のリスクヘッジです。

そうすれば利益が出せる確率は99%を超えるので。

だから、大事なのは1つの収益源に固執するのではなく、
「分散投資」すること。

「ポートフォリオ」をきちんと組むことと言えます。

 

まとめ

 

まとめると、投資には特別なスキルや作業が必要ないため、
収益化までのスピードが早く、かつ再現性も高い。

また、一度資金を投げてしまえば、
直接自分が運用するわけではないので、収益を自動化できる。

ただ、唯一のデメリットとしては
正しい知識と戦略を元によくリサーチした上で投資先を選ばないと、
最悪の場合預けたお金がすべて溶けてなくなってしまう、ということです。

だからこそ、先ほど紹介した

1:認知度が低い商品を選ぶ
2:トラックレコードがあるかどうかを見る
3:1,2までの条件に当てはまるものを複数やる

を徹底して行うことが重要です。

というわけで、次回はこれから投資を始めようという人が
具体的にまず何からやらなければいけないのか。

さらに『負けない投資』をするために
絶対必要な戦略やノウハウについて公開していくので楽しみにしていてください。

木村

 

次回記事:なぜ保険営業マンの言うことは信用しては行けないのか?投資は組み合わせで勝て!

 
ブログ村 ランキング始めました! 応援(クリック)お願いします^_^


■常識に従って生きている限り、人は常に損をする


僕は28歳にして年収で6800万円を稼いでいます。



そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。



中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。



でも、僕はもともと賢かったわけでも、

能力が高かったわけでもありません。



むしろ、優秀な兄妹の中で

自分だけ平凡以下の成績しか出せず、

大学にも落ちてしまいました。



まさに劣等感の塊。



そんな僕でも稼ぐための知識と

知恵を学んだことで自信を得て、

今では6800万円稼げるようになりました。



その秘密を今だけ以下のページで公開しています。




⇒28歳で僕が年収6800万円稼げるようになった理由

ccfooter

↑これから最短で投資家として成功したい方はぜひご購読ください(無料です)。

知らないと損するメルマガ

ccmail

はじめての方へ

ccmail

FXを学びたい方におすすめ記事一覧

不動産投資を学びたい方におすすめ記事

人気記事まとめ

ccmail

LINE@登録者限定プレゼント


↑PCの方は「@cherry_coke」でID検索!

特別企画

SNSで繋がりましょう!

FacebookBanner

TwitterBanner

mixiBanner

スクリーンショット 2016-05-07 16.47.10

【漫画】コンサル生に成功法則をガチ指導

初心者用レポート集

『年収1000万エリート投資家への最初の教科書』



『木村がFXで成功できた4つの理由』



『マイナス金利から読み解く!今、日本人が投資をしなければならない理由』

PAGE TOP