朝早く起きて行動するだけで、年収1000万は実現できる!

こんにちは、チェリーコーク木村です。

本日は早起きについてです。あなたは、どの時間帯で仕事をしているでしょうか?
限りある時間を有効に使いたいですよね。
そこで今回は、早起きの効用と、どのようにしたら早起きができるのかをお伝えします。

疲れた体では、仕事が進まない

早起きは三文の得と、ことわざでも言われるように昔から早起きの有用性が言われていました。
ではなぜ、早起きがいいのでしょうか

早起きで一番感じるのは、仕事の進みぐらいが、午後や夜に比べて圧倒的に早い
ということです。頭がクリアになっていることで集中する度合いが違います。

早起きする人に成功者が多い

世界の成功者と呼ばれている人の中では、
早起きして活動している人は多いです。

スターバックスの創業者であるハワード・シュルツさんは、
朝4時半に起きて犬の散歩からスタートします。

ヴァージングループ創業者リチャード・ブランソンさんは、
50年間にわたって朝5時起きをしてしています。
早起きのことをvirgin.comのブログ上で、
毎朝早起きすることが出以降の秘訣の一部と記述しています。

このように、世界の主要企業のCEOには早起きする人が多いです。
その他にも、アップルのCEOであるティム・クックさんは4時半起き、
ディズニーのCEOボブ・アイガーさんも4時半起き、
ナイキのCEOであるマーク・パーカーさんは5時半起きです。

一般の人でも、「朝方」のほうが「夜型」の人に比べて年収が高く、
貯金が多いという調査結果がでています。
プレジデントONLINEの調査によると、
年収300万円の人は朝型の人は約3割に対して、
年収1400万円以上では約7割になります。

貯金額でいうと100万円未満の人は、朝型の人は約2割です。
一方、貯金額が5000万円を超える人は4割が朝型になっています。

早起きをするポイント

早起きは、さまざまな効果があります。

早起きをするため、早起きをした後のポイントをまとめてみました

早起きを頑張らない

早起きを目標にすると、どうしても無理をしてまで早起きをしようと頑張る人がでてきます。
しかし、無理は禁物です。早起きして1日を効率的に行おうとしているのに、
睡眠時間を削ってまで頑張って早起きしても、昼間が眠くなってしまうのでは全く意味がありません。

そのためにも、頑張らずにできるところからやるのがポイントです。

早起きをするには、アプリがおすすめ

現在スマートフォンのアプリには、早起きをサポートするアプリがたくさん出ています。
目覚まし時計は、時間になったら強制的に鳴ります。当たり前ですね。
一方、早起きアプリはその人の睡眠の浅いところと深いところを認識して、
眠りが浅くなってきたところで、アラームがなるのです。

例えば、4時に起きようと思ってセットしても、
アラームがなる時間は4時から4時半までの間になるように設定されています。

私も、以前は目覚まし時計を使っていたのですが、
現在はこのアプリに切り替えてから目覚めがはるかに良くなり、
手放せないツールになっています。

早起きをした後には軽い運動がおすすめ

早起きをした後は、軽い運動をすると良いとも言われています。散歩などが最適です。
軽い運動を行うことで、頭も活発化していきます。

しかし、運動も結構辛いですよね。
特に、寒い冬や雨の日は外出はしたくなくなります。

そんな時にはトランポリンがおすすめです。

トランポリンというと、子供が遊ぶものと思われるかもしれませんが、大人でも有効です。

トランポリンを飛ぶことによって、短時間で運動量を増やすことができます。
また上下運動によってリンパの流れが良くなります。

またやってみるとわかるのですが、トランポリンを飛んでいると
不機嫌な状態でやることができません。人間はどうも怒りながら飛ぶことはできないようです。

金額もアマゾンで3000円〜4000円ぐらいあれば買うことができます。

床にマットを敷くことで、どこででも使うことが可能です。

今日やることの書き出しを行う

朝起きて、落ち着いたらまずは今日やることの書き出しを行います。
朝の貴重な30分を使ってでも、書き出しを行うことが重要です。

なぜなら、朝にちゃんと計画を頭に入れておかないと、結局余計なことを
してしまうからです。
余計なことをしていたら、いくら時間があっても足りません。
ノートや付箋など、紙に手で書いたもののほうが自分は効果が上がります。

寝る前の行動が重要

早起きで重要なのが、早く起きることを努力するより、
早く寝ることを努力することです。
夜はどうしても後に伸びがちです。
気づいたら深夜になっていたということはよくあることです。
明日を早く起きるためには、もうこの時間で寝ると設定して、
そのためのスケジュールを組んでいきます。

睡眠時間は最低でも6時間はとりたいところです。

睡眠グッズへの投資は莫大なリターンを生む

睡眠時間は、人間が生きている時間の中でも
相当な時間を占めています。
その時間を快適にするということは、
非常に効果が高い投資と考えられます。

具体的には、
・ベット周りをよくする
・耳栓をする
・アイマスクをする
・遮光カーテンにする
・パソコンは電源をOFFにする
・電気を完全OFFにする

などが、あげられます。

圧倒的な達成感を味わうことができる

早起きをすると、圧倒的な達成感を味わうことができます。
なぜなら、自分でちゃんと自分をコントロールしているという
実感を感じるからです。

人が不快に思うのは、自分でコントロールできない状態に
置かれているときです。
たとえば、会社勤めの方などであれば、思いあたるところがあるでしょう。

朝の段階で、「ちゃんとコントロールをしている」という達成感で、
自己重要感を満たすことができると、日中も我慢できるようになります。

自己重要感が満たされていないと、自傷行為やうつ病などの
こころの病気を発症することもありますので、非常に重要なポイントです。

早朝は前向きになりやすく、良いアイディアも生まれやすい

早朝の時間帯は前向きになりやすく、良いアイディアや発明なども早朝に誕生しています。
その秘密をたどると、ストレスホルモンの分泌が影響してます。

人は、ストレスに対応できるようにストレスホルモンを分泌しています。
主なストレスホルモンは、コルチゾールと呼ばれているものです。
このコルチゾールは、起床後20分後が一日の中での最大値になります。
その後はどんどん低下していき、夜20時以降は急激に低下していきます。

夜20時以降でプラス思考で考えることは結構至難の業なのです。
つまり、夜はマイナスイメージしかわかないのに、
朝起きてみると「なんとかなる、やってやるぞ」と思うのはこのホルモンの影響です。

深夜帰宅でできない人は

仕事が遅く、深夜に帰ってくるという人もいると思います。
そういう方は、その仕事は本当に自分にとって必要なのかということを
考えたほうがいいかもしれません。

社会人になってから時間が経つと、どんどん感覚がマヒしてきます。
したい仕事であれば、続ければ良いでしょう。
しかし、したくない仕事であれば何かを変更・改善することを考えてもいいのではないでしょうか。

何をやるのかをちゃんと見極める

早起きは、あくまでも手段でしかありません。
早起きをすることで、時間を作って何をするのかが重要です。

自分の将来のために、何をすることが一番重要なのか、
考えるために早起きをしてみるのもいいかもしれませんね。

 
ブログ村 ランキング始めました! 応援(クリック)お願いします^_^


■常識に従って生きている限り、人は常に損をする


僕は28歳にして年収で6800万円を稼いでいます。



そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。



中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。



でも、僕はもともと賢かったわけでも、

能力が高かったわけでもありません。



むしろ、優秀な兄妹の中で

自分だけ平凡以下の成績しか出せず、

大学にも落ちてしまいました。



まさに劣等感の塊。



そんな僕でも稼ぐための知識と

知恵を学んだことで自信を得て、

今では6800万円稼げるようになりました。



その秘密を今だけ以下のページで公開しています。




⇒28歳で僕が年収6800万円稼げるようになった理由

ccfooter

↑これから最短で投資家として成功したい方はぜひご購読ください(無料です)。

知らないと損するメルマガ

ccmail

はじめての方へ

ccmail

FXを学びたい方におすすめ記事一覧

不動産投資を学びたい方におすすめ記事

人気記事まとめ

ccmail

LINE@登録者限定プレゼント


↑PCの方は「@cherry_coke」でID検索!

特別企画

SNSで繋がりましょう!

FacebookBanner

TwitterBanner

mixiBanner

スクリーンショット 2016-05-07 16.47.10

【漫画】コンサル生に成功法則をガチ指導

初心者用レポート集

『年収1000万エリート投資家への最初の教科書』



『木村がFXで成功できた4つの理由』



『マイナス金利から読み解く!今、日本人が投資をしなければならない理由』

PAGE TOP