見た目が最も老けるストレスの原因がついに解明

こんにちは。チェリーコークです。

最近は男性でもアンチエイジングが流行っていますが、
老化にはストレスが深く影響していることが最近の研究で分かっています。
そして、老化に最も影響を与えるストレスとは「お金の問題」に関するストレスだということです。

今回はお金に関するストレスについて解説していきます。

お金がないと老けるという現実

ストレスはどんなストレスでも体には良くありません。
そんなストレスの中でも、お金に関するストレスは老化にもっとも関係しているということが分かったのです。
専門誌「リサーチ・オン・エイジング」に「お金の心配がある人のほうが、ない人よりも年を取って見える」
という研究が掲載されました。
しかも、10歳も違う場合もあるというのです。

その研究は被験者が200人。
彼らに「どれぐらいの金銭的ストレスを感じているか」を自己判断してもらい、
1994~1995年と2004~2005年の間に彼らの写真を撮影しました。

被験者とは別のグループに、被験者の写真を見て年齢を推測してもらいます。
すると「金銭的ストレスを強く感じている」人のほうが、
年齢がより年上にみられる傾向にあることが分かりました。

マサチューセッツ州ブランダイス大学、マージン・ラックマン教授は、
プレスリリースの中で、金銭的ストレスが見た目に大きく影響を与えている結果に対し
「研究者にとって大きな驚きだったのは、年齢は被験者が感じている年齢とは関係がなかった。
被験者自身が感じる以上に、周りからみると年をとっているように見える。」という旨をコメントしています。

お金がないと、見た目に配慮を行うことができなくなる

ストレスで疲労してしまうと力が残っておらず、
「見た目に時間を割く」「健康的な食事をする」「十分な運動・睡眠をする」
「肌の手入れをする」といったことが行えなくなり、
結果的に老けて見えるのではないかと、ラックマン教授は考えているようです。

また、「現在だけでなく、将来に対して不安があることでも体に影響がでる」
という研究の結果がカリフォルニア大学によって報告されています。
将来を心配することでもストレスが発生し、病気のリスクをあげてしまうのです。

老けて見られたくなかったら「お金の悩み」を解消する

老けているように周りから見られたくないのであれば、
「お金の悩み」を解消することは、重要な選択肢となります。
「お金はなくてもいいんだ」とう方を時々見かけますが、
やはりお金はあった方が良いということです。

そもそもお金に困っている人たちは支出が多い

お金に困っている人たちには大きな特徴があります。
それは「無駄遣い」が多いということです。

年収が700~1000万の人は破産しやすいと言われています。
普通の人よりは若干上の収入層ではありますが、
おもいっきり贅沢できない層でもあります。
この層は本当の高収入の層よりも鬼の首をとったように調子に乗りやすいのも特徴です。

800万円以上収入を上げても幸福度はあまり変わらない、という研究成果もあるのですが、
ギリギリそのラインに到達している層なので、
もっとお金を使えば幸福度が上がるのではと思ってしまうのです。

一方、低所得者層も無駄遣いが多いといえるのではないでしょうか。
所得が低いのに高い嗜好品を買ってみたりして中途半端なものにお金を使って散財してしまうのです。
宝くじのような確率が低いものを買ってしまうのも一種の散財です。

わずかなお金を無駄遣いして投資に回さないからいつまでも貧乏

入ってくるお金が決まっているのに、そのお金以上使ってしまったらもちろん手元には残りません。
したがって、入るお金を管理するよりもまずは出ていくお金(出費)を管理することが近道です。

無駄遣いすることを止めてお金を貯めたら、
今度はそのお金を投資に回さないと、
いつまでたっても今のライフスタイルから変化することはできません

したがって、戦略としては日常生活の生活は質素に、
投資は大胆にという選択が貧乏から抜け出す方法なのです。

投資というは株やFXにとどまらず、学ぶなどの自己投資もすべて含まれます。
節約するだけで貯金は増えるかもしれませんが、劇的に増えるわけではありません。
つまり、お金を増やす方法も考えない限り、
いつまでたっても貧乏から脱出することができないということです。

時間にゆとりを作る方法がないと貧乏なまま

世間では忙しいのを「売り」にしている人もいますが、
やはり忙しいままでは時間をつくることはできません

時間がなければ余裕ができません。
余裕がなければお金をつくることもできないのです。

もちろん、死ぬほど頑張って仕事をしてお金を稼ぐという方法もあるかもしれません。
しかし、長時間労働の果てに体を壊し、家庭を壊したりしたら、それはそれで問題が発生します。

ですので、時間にゆとりを作るスキルは、
貧乏から脱出するスキルになるともいえるのです。
時間にゆとりを作るためには、無駄な時間をカットするのが一番の近道です。

・無益な情報との接点の時間
・無益な人間関係との時間
・意味のない拘束時間

無駄な時間といえるものは、このようなものが該当します。

無益な情報との接点の時間

知ったところでどうにもならない情報との接点を削れば時間を作れます。
日本は広告文化が非常に強いので、至る所に情報が氾濫しているのが現状です。
例えば、テレビがなくても生きていけます。その情報は本当に必要かどうか検討することが重要です。

無益な人間関係との時間

関わっても何も得ることができない人間関係なのだとしたら一度整理してみるのも良いのかもしれません。
無能な上司との飲み会や、惰性で付き合っている同僚との会話。
仕事のためと思っている意味のない会合など。削るところはたくさんあるはずです。

意味のない拘束時間

どうでも良い会合や、無駄な残業などは削除していきます。
また、通勤時間を短くするための引っ越しなども、検討するに値する行動です。

このような無益な時間をカットし、その空いた時間に「学びの時間」などを組み込む必要があります

ストレスに強いメンタルも重要

お金の管理も時間の管理もメンタルが重要です。

メンタルを強くする方法として、このような3つがあります。
・自分のメンタルをノートに書き込む
・感度をわざと下げるトレーニングの実施
・心の支えになる言葉をもつ

自分のメンタルをノートに書き込む
自分のメンタル状況をノートに書き込むことはメンタルを強くするうえで有効な方法です。
自分のメンタルを客観的に測定する方法としては、ノートに書き込みます。
まずは客観的に、自分の弱さを認めることで自分と向き合うことからスタートするのが重要なのです。

感度をわざと下げるトレーニングの実施
メンタルはスキルなので、トレーニングをすれば強くすることができます。
メンタルを強くする方法として、感度を下げるというやり方もあります。
つまり、ダメージだと感じなければダメージを受けないのです。

どのようにするかというと、「ロボット」のようになります。
自分をロボットのように見立てて情報に意味をもたせず、
敢えて情報を受け取らないという方法です。

心の支えになる言葉をもつ
最後は心の支えになる言葉を持つということです。
くじけそうになった時、プレッシャーを受けている時に、
支えとなる言葉を持つことによってメンタルを強く保つことができます。

まとめ

お金にまつわるストレスは、非常に強力で見た目などに大きく影響します。
つまり、お金を獲得すれば老化も防ぐことができるのです。
お金を獲得するためには、「節約するスキル」「時間を管理するスキル」「メンタルを強くするスキル」などで余力をつくり、
資産運用や投資を行うことで今の状態から脱出することができるのです。

 
ブログ村 ランキング始めました! 応援(クリック)お願いします^_^


■常識に従って生きている限り、人は常に損をする


僕は28歳にして年収で6800万円を稼いでいます。



そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。



中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。



でも、僕はもともと賢かったわけでも、

能力が高かったわけでもありません。



むしろ、優秀な兄妹の中で

自分だけ平凡以下の成績しか出せず、

大学にも落ちてしまいました。



まさに劣等感の塊。



そんな僕でも稼ぐための知識と

知恵を学んだことで自信を得て、

今では6800万円稼げるようになりました。



その秘密を今だけ以下のページで公開しています。




⇒28歳で僕が年収6800万円稼げるようになった理由

ccfooter

↑これから最短で投資家として成功したい方はぜひご購読ください(無料です)。

知らないと損するメルマガ

ccmail

はじめての方へ

ccmail

FXを学びたい方におすすめ記事一覧

不動産投資を学びたい方におすすめ記事

人気記事まとめ

ccmail

LINE@登録者限定プレゼント


↑PCの方は「@cherry_coke」でID検索!

特別企画

SNSで繋がりましょう!

FacebookBanner

TwitterBanner

mixiBanner

スクリーンショット 2016-05-07 16.47.10

【漫画】コンサル生に成功法則をガチ指導

初心者用レポート集

『年収1000万エリート投資家への最初の教科書』



『木村がFXで成功できた4つの理由』



『マイナス金利から読み解く!今、日本人が投資をしなければならない理由』

PAGE TOP