老後が不安でしかたがない人は多い?不安に感じる老後不安の正体

「老後2000万円」や「人生100年時代」と老後の生活に対して問題に取り上げられることが多く、様々な呼び名があります。

 

こういった老後のことを意識する言葉ばかり世間で騒がれると、嫌でも自分の将来に対して不安定な想像をしてしまいますよね。もちろん、老後の生活が不安になる可能性は否定できませんが、不安ばかり煽っている記事が最近は非常に多いような気がします。

 

健康なまま老後を終えることができるか?

老後の経済事情は大丈夫か?

 

など、不安は考えれば考えるほど増えるでしょう。

こういった内容はテレビなどのメディアでも頻繁に取り上げています。

特に話題になったのは、金融庁の発表した老後の2000万円が不足するという問題です。

近頃のニュースでいうと老後の資産形成をめぐり「およそ2000万円必要になる」などとした金融庁の審議会の指針について、麻生副総理兼金融担当大臣は「世間に対して不安や誤解を与えており、政府のスタンスと違う」と述べ、正式な報告書としては受け取らないことを明らかにしました。

NHK政治マガジン 2020年1月10日閲覧

この話題となったニュースをとってみても、どのように2000万円用意すればいいか?1人当たり2000万なのか?何歳から何歳までを想定して必要なのか?など細かい要素が抜けており、テレビでは解説すべて部分が省かれていることもあって老後2000万円というキーワードが独り歩きしている状態でもあります。

 

 

老後のお金は多い方が良いのは事実ですが、老後に対する漠然とした疑問は解消しずらく、不安が募る結果だけになりがちです。

今回の記事では、老後とはなにか、老後の不安とは何かを伝えていきたいと思います。

 

老後の捉え方について

老後の不安はいつの時代も話題になりますが、特にここ近年は非常に取り上げれることが増えました。

ただ、老後というのは人によって違いますし、多種多様な捉え方ができます。

 

本人が老後と思っていなくても、周りから見れば老後に見られる場合もありますし、30代の頃に思い描いていた老後と50代の頃に描く老後は同じとも限りませんよね。

 

これは生活環境によっても変わってきます。自営業の男性と会社員として働く女性とでは、同じ老後を想像するのはそもそも収入も生活水準にも変化があるはずです。

 

また、老後の期間というのを寿命で判断するのは、人生100年じだいと呼ばれるようになった近年では難しく、60歳で定年して老後というのは、現在では65、70歳とどんどん切り上がっていってます。その境目が変わっていくように、早期退職やセミリタイアなどで50代で現役を引退して悠々自適に生活している人もいます。

 

つまり、老後という言葉の定義は曖昧なことが多く、個人の認識次第であるという傾向もありわけです。

老後資金などと一言で片付けてしまおうとするため、漠然と老後に対する不安が広まっている原因でもあります。

 

大切なのは、あなたが抱く可能性がある老後不安に対して答えを見つけることが重要です。

 

あなたが抱く可能性がある老後不安

多様化が進む老後の捉え方のなか、それぞれが持つ不安を取り除くための方法は「不安材料になる問題を1つ1つ整理して解決」することが重要になります。

 

あくまで将来の話しと割り切らず、いずれあなたが抱える可能性がある問題を明確にしていきましょう。

そもそも、なぜ人は不安を抱くのか?

これはその対象となる問題がよく知らないというのが挙げられます。

 

例えば、役所での手続きなどを想像しみてください。

現代はインターネットがあるので調べることで分かりますが、行ってみるまでは書類の置かれている位置や必要になる書類、手続き方法など不安になることは少し前まではあったはずです。今でも手続きに何も調べずにいけば不安だらけでしょう。

 

しかし、役所にさえ足を運べは担当者が手続きの案内をしてくれますし、案外すんなりと済んだ経験はあるはずです。

今回の役所での手続きという不安材料を分解してみると「不安要素=手続方法」「解決方法=現場で詳細を確認」「結果=無事に手続き完了」といった3つの形で終えることができます。

 

これは家のなかで不安に感じていても、足を運んで詳細を聞いたことで解決に至った結果となります。

学生時代に受験をした経験はあると思いますが、試験に受かるか不安だから解決策として勉強する、その結果無事に受かったというような形などは、誰もが経験があるので分かりやすいのではないかと思います。

 

つまり、不安要素とは何かを考え、どのような解決方法があるのかを整理して考えることで、多くの場合解決策が見つかります。

 

漠然と老後という枠組みで不安視してしまうと、問題が絡まって大きな障害のように思えます。

ただ、1つ1つ分解していくことで不安は解消されていきますので、まずはこれを具体的にすることが大切です。

 

老後に必要な不安=資産不足の解決

これは綺麗事抜きで本当に重要だと思います。

お金に余裕ができれば、生活だけではなく、生活に余裕が生まれるはずです。

ここで考えるのは、収支の見直しと資産形成の方法は貯金以外で行うことです。

 

これは早い段階でやるほどリスクを抑えることができますし、10年後・20年後という時間が経つことで本当に半端ないレベルの差が開いているはずです。

 

現在抱えている不安要素の多くの答えが載っているのが、インターネットでもあります。しかしながら、多くの情報があるため、取捨選択していくことが求められるのも事実ですので、まずは今あなたが持っている収入や将来のライフプランと言った情報から整理し、その中で解決策として資産を増やすための方法を実践していきましょう。

 
ブログ村 ランキング始めました! 応援(クリック)お願いします^_^


■常識に従って生きている限り、人は常に損をする


僕は28歳にして年収で6800万円を稼いでいます。



そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。



中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。



でも、僕はもともと賢かったわけでも、

能力が高かったわけでもありません。



むしろ、優秀な兄妹の中で

自分だけ平凡以下の成績しか出せず、

大学にも落ちてしまいました。



まさに劣等感の塊。



そんな僕でも稼ぐための知識と

知恵を学んだことで自信を得て、

今では6800万円稼げるようになりました。



その秘密を今だけ以下のページで公開しています。




⇒28歳で僕が年収6800万円稼げるようになった理由
↑これから最短で投資家として成功したい方はぜひご購読ください(無料です)。

知らないと損するメルマガ

ccmail

はじめての方へ

ccmail

FXを学びたい方におすすめ記事一覧

不動産投資を学びたい方におすすめ記事

人気記事まとめ

ccmail

LINE@登録者限定プレゼント


↑PCの方は「@cherry_coke」でID検索!

特別企画

SNSで繋がりましょう!

FacebookBanner

TwitterBanner

mixiBanner

スクリーンショット 2016-05-07 16.47.10

【漫画】コンサル生に成功法則をガチ指導

初心者用レポート集

『年収1000万エリート投資家への最初の教科書』



『木村がFXで成功できた4つの理由』



『マイナス金利から読み解く!今、日本人が投資をしなければならない理由』

PAGE TOP