未来世紀ジパング「北朝鮮が破綻しない理由」から学ぶ情報リテラシー

どうも、チェリーコークこと木村です。

 

今回は「情報との向き合い方」というテーマでお話していきたいと思います。

 

僕は日々勉強をして、知識を収集し、その学んだ知識をお金に変える、ということをしています。

学べば学ぶほど稼げるようになるので、そりゃあもう楽しいわけです。

 

100万円分の知識を収集し、それを使って500万とか1000万の利益を上げる。

だから本もどんどん買うし、最近は紹介してもらった先生から「素質論」について聞くのにハマっています。

素質論とは動物占いの原型で、生年月日でその人の本質がわかる、というもの。

「もし、こういう場合、素質論的にはどうなるんですか?」

って気になることを聞いたら、すぐに答えてもらえます。

もう楽しいですよね(笑)。

 

専門家から直接話を聞くことほど、効率的に知識を得られる瞬間ってないです。

本では得られない「暗黙知(言語化するのが難しい経験や勘に基づく知識)」も得ることができますし。

 

ほんと、最近はこうした職権を乱用しながら生きてるので、知識収集のスピードが以前とは比べ物にならないくらい上がってる気がします。

ただし、もちろんただ闇雲に情報を仕入れれば、それだけで稼げるようになるかって言ったら、そうではありません。

 

なぜなら世の中には「お金に変わりやすい情報」と「お金に変わりにくい情報」の2つがあるからです。

というわけで、今回はそうした情報全般に対して向き合う際に必要な考え方や、マインドセットを実例も交えながらお伝えしようと思います。

テレビから情報を得る意味ってありますか?

僕は基本的にテレビはほとんど見ません。

なんでかというと、テレビっていうメディアの特性上、一方的に、しかも中央権力によって操作された情報が流れてくるからです。

ということは、そこにはいろんな思惑が絡んでいるわけで。

そうした情報を間に受けていては、簡単に「権力者」の都合のいいように操られてしまうわけです。

 

たとえば、去年話題になった「スマップの解散騒動」。

 

なんていうか、あんなのが新聞の一面を飾るのってどうなんだろう・・・って個人的には思います。

でも、なんかそういった「どうでもいい話題」に感情動かされちゃってる人って、現実問題めちゃくちゃ多いですよね。

 

「いや、それ、自分に関係ないじゃん」って話で。

 

まさに感情の無駄遣い以外の何物でもないですよね。

思考のキャパは限られているので、そういった自分の人生と関係ないところにエネルギーを取られていたら、本来力を注ぐべきところに注げなくなってしまうのも、当然のことです。

 

特に情報リテラシーが低い人の場合は、こうした加工された情報の煽りをモロに受けてしまいがちです。

なので、僕はそういった情報には極力触れないようにしているし、誰もが基本的には「テレビを見る必要性はない」と考えています。

 

まあ、「テレビを見てるのが人生で一番幸せを感じる時だ」というのなら話は別かもしれませんが。

そうでなければ、本当にテレビを家に置いとく意味ってないと思ってます。

 

と、こんなことを言うとたまに、

「テレビを見ないと世の中が今どうやって動いているかわからないから、投資やビジネスもうまくいかないんじゃ?」

と言う人がいますが、全く問題ありません。

 

確かに稼ぐために世の中の「トレンド」を把握することは重要です。

 

たとえば、「マーケッター」というビジネスの戦略を練る人間は、今の時代の空気感を捉えて、ニーズがあるコンテンツを創造することが求められます。

また、「トレーダー」にしても「ファンダメンタル」という国際情勢によって左右される指標を常に把握し、そこから相場の動きを予想しなければいけません。

なので、こうした世の中の動きに敏感になっておく必要は確かにあります。

 

ただし、これらの情報を得るのに、わざわざテレビを見る必要はないということ。

今はテレビなんか見なくても、インターネットがあるので、それを使えば欲しい情報はいくらでも手に入れることができるからです。

 

こうしたインターネットの出現は、僕の中では「産業構造の変革」だと思っていて、インターネットが発達する前とあとでは、常識も、成功するための方法もすべてが変わってしまったんですね。

以前は情報というのは一般人のところまで降りてくる前に、様々な権力によって「加工」されていたのが、今はその前に大元となる情報源から直接情報を仕入れることが可能になりました。

 

さらには、SNSの発達によりネット上で誰もが情報を自由に発信できるようになったことで、以前はまかり通っていた権力者たちによる「嘘」が、簡単に見抜けるようになった。

昔は検索エンジンの精度も低く、検索上位に粗悪な情報が出回ることもありましたが、今では極めて少なくなっています。

 

つまり、テレビなど見なくても、自分が本当に知りたい情報をネット上でいくらでも手に入れられるようになった、ということです。

だから、僕はテレビを見る必要はないと思っているし、たいして面白くもない番組を延々と見続けるのは時間の浪費以外の何物でもないという思いから、普段の生活の中でテレビを見る時間は極めて少なくしているというわけです。

そんな木村が見てるテレビ番組

ただ、そんな僕でもクオリティの高い番組があれば録画して、わざわざ時間を取って見るようにしています。

 

たとえば、『情熱大陸』とか。あれはいいですね。

クリエイティビティが溢れてるし、今活躍してる人の思考や価値観を知れるので、非常に勉強になります。

(もちろん、中には「ちょっと今回のは違うな」という回もあるので、そのときは途中でもぶちっと消してますw)

 

で、今回紹介するのは『情熱大陸』ではないのですが、かなり良質な情報を発信する「いい番組」でした。

『未来世紀ジパング』という番組です。

 

 

この番組はいつも

「今の日本の政治はどうなっているのか?」

「これからの世界情勢はどう動いていくのか?」

というのをわかりやすく解説してくれるので、僕も結構よく見ています。

 

さらに、今回は、

・なぜ、北朝鮮は「経済制裁」を受けながらも破たんしないのか?
・なぜ、巨額のコストをかけて“核・ミサイル”の開発を続けられるのか?

という興味深いテーマについて取り上げられていたので、注目して見ていました。

これは、最近の為替変動に大きな影響を及ぼしている事項でもありますからね。

 

よくよく考えればおかしな北朝鮮がつぶれない理由

北朝鮮って聞くと、まあほとんどの人は「異常な国」っていうイメージを持ちますよね。

そして、アメリカを始めとする各国から激しい「経済制裁」を受けているわけですから、多くの人はそんな豊かな国ではないと思っていると思います。

※経済制裁:対象国に国外から入手していた物資を欠乏させることによって国内的な問題が生じることを狙った外交政策の一環。

 

実際、GDP成長率は世界116位(推定)と決して高くありません。

 

そんな北朝鮮ですが、先月は弾道ミサイル発射を実施。

「世界から孤立した国」として、諸外国に対して一貫して強い姿勢を見せています。

一時は「ついに北朝鮮とアメリカが本格的に戦闘状態になるんじゃないか」と、大きく話題になりましたよね。

 

ただ、今回「ジパング」ではある疑問を提示しています。

それは、

「もともと経済力のない北朝鮮が、なぜここまでお金のかかる核実験が出来るのか?」

ということ。

核開発ってそもそも数千億円規模で行われるものですし、さらに1回の実験費用も億単位でかかるので、正直馬鹿にならない出費になります。

「言われてみれば・・・」

って感じですよね。

僕は自分のコンサル生にも、こういう「ありふれた事実」に目を向けて、そこに疑問を持って、さらに深く追求することが大事だとよく話しています。

 

で、今回のジパングは「北朝鮮がつぶれない理由」と題して、そこには以下の理由があると伝えています。

 

①3割の国民だけ生きていればいいという考え

日本に住んでる僕たちには考れらないことですが、北朝鮮は自国民を明確に差別しているんです。

具体的にはそれぞれ3つの階層に国民を分け、そのうち国家に高い忠誠心を持っている「上位3割」の国民だけ優遇すればいいという考え方で国家を運営しているんですね。

3割の国民のために富を集中すればいいので、経済的負担はその分軽くなるということです。

 

②北朝鮮と国交のある国連193ヶ国中162ヶ国とのビジネス

北朝鮮が主にどこから収入を得ているか、それは国交のある諸外国を相手にするビジネスからです。

 

実は世界から孤立していると思われがちな北朝鮮ですが、以外にも国交を結んでいる国は162ヵ国に及びます。

国交を持っていないのは日本やアメリカなどわずか30ヵ国ほどと、実はこちらのほうが圧倒的少数派なんですね。

 

その中でも北朝鮮は、特に財政的に貧しいアフリカの国々に対して「銅像」の建設を請け負う「銅像ビジネス」だったり、ミサイルなどの武器の輸出で儲けている実態が番組内では紹介されていました。

 

そして、北朝鮮をこれまで最も潤してきたのが、中国との貿易です。

経済制裁下にあるにも関わらず、実際には中国とこれまでほぼ変わらず取引できていたことが、北朝鮮が今まで存続してこれた最大の要因と言えます。

さらに、仮に今後中国との貿易が減って行ったとしても、今度はロシアなどまた別の国との貿易を行うことで生き延びることができるでしょう。

なにせ、北朝鮮との国交がある国は160カ国もあるわけですから。

それを0にするなんてことはできません。

表に出る情報の裏に隠された真実を読み解く

これらの情報を踏まえた上で、先月の北朝鮮の弾道ミサイル発射や、アメリカの北朝鮮へのミサイル発射など、一連の騒動を眺めていくと、そこに付随する「各国の真の意図」が見えてきますよね。

 

結局のところ、北朝鮮に対してどんな制裁をかけても、結果は変わらない。

北朝鮮が核を放棄することはない。

これが現実ですし、そんなことはアメリカだってわかっていることです。

そもそも、どの国も国防の為に新しい武器を研究することはあっても、捨てることはしないでしょう。

捨てたら狙われるだけですからね(笑)。

 

しかし、メディアはどれもこの問題の一面性しか報道していません。

結局のところ、アメリカによってメディアが踊らされているだけだと僕は思います。

アメリカがミサイルを打ったのも真の狙いは世界の目をアメリカに向けることであり、決してガチで戦争を起こそうとしているわけではないのです。

北朝鮮の核問題は今に始まったことではないですし、いざ戦争をするとなれば北朝鮮はアメリカに勝つことはできないでしょう。

現状、世界の中心にあるのはアメリカです。経済に置いても、武力においても。

その国と好き好んで戦争をしようなんて思う国はいません。

当然北朝鮮だって例外ではなく、話し合いで解決したがります。

現に20年ぶりに北朝鮮もそういった動きをしています。

というか、北朝鮮からしたらむしろ今回の件を発端に、アメリカと平和条約を結びたいくらいだと思いますよ。

そうしたらアメリカの脅威に怯えることはなくなるわけですから。

北朝鮮が執拗に核だのミサイルだのやるのは、ここらへんの狙いがあるんでしょうね。

まぁ、北朝鮮もバカではないということです。

 

こうして物事の一側面だけでなく、関連する様々な情報を得て、それらを客観的に分析していくことで、はじめてその「本質」を見極めることができますよね。

 

まとめ

今回僕が言いこと。

それは、まずメディアから流れてくる情報が全て正しいとは限らないということ。

情報を見る際は、一方向から見るのではなくて、常に冷静になってフラットな視点で見る必要があります。

 

情報に一喜一憂してるようでは絶対にうまくいきません。

なぜなら、その時点で自分の頭で考えるということを放棄してしまっているからです。

情報に操られる側にいてはダメで、自ら思考し、情報を自在に操れる者だけが成功を収めることができるのです。

 

こういった情報に対するリテラシーが上がると、投資でも利益をあげることは実に簡単になりますし、またビジネスを仕掛ける上でも非常に有利に立てます。

たとえば、先月、ドル円が110円を割れた時も、僕はこれは一時的なもので、最終的には円安になると予想しました。

参考:筋トレ&ドル円110円割れの相場動向により気づいた成功に必要なたった2つのこと

 

で、今実際そのように相場も動いています。

 

ようは、世に出る情報の意図を正しく読み取った上で、正しい行動をした人間が勝つ。

逆に流れてくる情報をすべて鵜呑みにしているような人は、その他大勢と同じ成果しか出すことはできない。

ということです。

 

極端な話、稼げるかどうかは、「情報の扱い方」が上手いか下手かの差でしかないと僕は思っています。

21世紀における新しい成功法則とは、いったいどれだけ上質な情報を持ち、いかにその情報を自分が有利に立てるように利用できるか、なんですよね。

まさに「情報持ちがお金持ち」ということです。

 

そんな「正しい情報の向き合い方」について、より濃い話をこちらのメルマガでしていこうと思います。

それでは。

 

チェリーコーク(木村裕一)

 
■常識に従って生きている限り、人は常に損をする


僕は28歳にして年収で6800万円を稼いでいます。



そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。



中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。



でも、僕はもともと賢かったわけでも、

能力が高かったわけでもありません。



むしろ、優秀な兄妹の中で

自分だけ平凡以下の成績しか出せず、

大学にも落ちてしまいました。



まさに劣等感の塊。



そんな僕でも稼ぐための知識と

知恵を学んだことで自信を得て、

今では6800万円稼げるようになりました。



その秘密を今だけ以下のページで公開しています。



⇒28歳で僕が年収6800万円稼げるようになった理由

ccfooter

↑これから最短で投資家として成功したい方はぜひご購読ください(無料です)。

知らないと損するメルマガ

ccmail

はじめての方へ

ccmail

FXを学びたい方におすすめ記事一覧

不動産投資を学びたい方におすすめ記事

人気記事まとめ

ccmail

LINE@登録者限定プレゼント


↑PCの方は「@cherry_coke」でID検索!

SNSで繋がりましょう!

FacebookBanner

TwitterBanner

mixiBanner

スクリーンショット 2016-05-07 16.47.10

【漫画】コンサル生に成功法則をガチ指導

初心者用レポート集

『年収1000万エリート投資家への最初の教科書』



『木村がFXで成功できた4つの理由』



『マイナス金利から読み解く!今、日本人が投資をしなければならない理由』

PAGE TOP