仕事のストレスがヤバくて吐き気が・・・もう辞めたい。そんなあなたに30歳経営者が送るアドバイス

先日、高校時代の友人から久々にメールが来ました。

が、それは衝撃的な告白でした。

「仕事のストレスがヤバくて、仕事に行くのが辛すぎる。
毎朝吐き気がするのを抑えて、
なんとか通勤してるけど、もう限界かもしれない・・・」

ふぁ?
仕事のストレスで吐き気???

それ、ヤバイだろ。

何かただ事でない感を感じた僕は、
その日に彼に電話し詳しい話を聞きました。

彼はリフォームの訪問営業をやっているらしいのですが、
どうやら激務な上に職場の上司との人間関係も上手く言っておらず、
非常に厳しい状態のようでした。

・到底達成できないノルマを課せられる
・ノルマが達成できないやつは休日返上で仕事するのが当たり前という文化(もちろん残業手当など出ない)
・ノルマが達成できなかったり、ミスすると上司から徹底的に詰められる
・お客様の要望もあり、とにかく売上を重視する上司と板挟みになり辛い

で、彼のように、
今の職場に猛烈なストレスを感じていて、
リアルに死にそうになってる人ってたくさんいると思うんですね。

逆に、僕のように無理なノルマや人間関係に
一切左右されることなく自由に仕事して、
それで年収1億円稼ぐ人間もいます。

 

別に自慢してるわけじゃなくて、
現状苦しんでる人には

「今の生き方がすべてじゃない」

ということをぜひとも知ってもらいたいんですよね。

というわけで、今回は彼のように、
毎日吐気がするくらい仕事に行くのが辛い人に向けて、
僕なりの解決法をプレゼンさせていただこうと思います。

「それが仕事」「我慢しろ」とか異常すぎる・・・

今でこそ投資家兼、経営者として活動してる僕ですが、
今から7年ほど前はサラリーマンをしていました。

その時も、僕自身は彼のように、
「吐気がするほど仕事が辛い」
という状況になったことはないです。

ただ、僕がこれまで投資を教えてきたコンサル生に話を聞くと、
同じように「仕事が辛すぎて・・・」
という人がかなりいました。

結論、仕事に対するストレスで、
吐き気がするなんて異常です。

僕から言わせると、
なんでそんな強烈なストレスがかかる職場に、
何が好きで自分からわざわざ出勤しなきゃいけないのか?

って感じです。

で、もっと驚いたのが、
彼のように吐き気を催すほど強いストレスを感じてるにも関わらず、

「それでも会社に行くのが当たり前だ」

と考えている人がたくさんいたことです。

「みんなそんなもんですよ」
「辛くても我慢して会社行ってます」
「給料をもらってるんだから多少辛くても頑張るのが当たり前」

嘘でしょ?って思いましたよ。苦笑

はっきり言って、

辛い現状に対してアクションする人がいなから
職場の労働環境がちっとも改善されないわけです。

経営者からしたら、
どんなに辛いノルマを課しても辞めないなわけですから、
こんなに都合のいい話はないです。

もちろん、仕事ですから、
多少の負荷はあって当然だと思いますよ。

人間、その負荷に打ち勝って
成長していくっていうのもわかります。

が、そもそも論として
会社員として成長したからと言ってその先に何があるのか?

と、僕からしたら思ってしまうんですよね。

これが、今のしんどい状況に耐えていたら
そのうち年収1000万とか、2000万になれる。
とかならまだわかります。

(まあ、僕からするとこの給料でも少ないですが)

でも、そうではない職場で働いてる人がほとんどなわけですよね。

そうなると、
何を好き好んでそんな辛い現状に
ただただ耐える日々を過ごさないといけないのか?
って思うんですよね。

はっきり言って地獄以外の何物でもないしょ。そんなの。

で、日本の文化として、
仕事を辞めるのが恥だとか、
人としてどうなのかとか、考える人がいますが、

全く気にしなくていいと思います。

人生は誰しも1回です。

これが2回、3回あるなら
1回くらい他人優先の人生を送ってもいいのかもしれませんが、
そんなことはないわけです。

人生はたった1回しかないのですから、
好きでもない上司のことや、会社のために
自分の貴重な時間を献上し続ける必要など、
これっぽっちもないですから。

堂々と辞めればいいんですよ。

辞める理由?

そんなの、

「会社に行きたくなくなったから」

だけで十分でしょう。

人の気持ちは変わります。

就職活動してた時から、
いろんな経験を経て成長してるわけですから
考えや気持ちが変わるのはごくごく自然のこと。

昔は最善の選択肢だったが、今は違う。

ただそれだけのことです。

気にする必要は微塵もありません。

というかね、これは経営者目線から言わせてもらいますけど、
本当に優秀な経営者やリーダーは、従業員や部下に

「辞められること」

を常に考えてるもんです。

逆に、そのリスクを考えてないって
どんだけノーテンキなんだよって思いますよ。笑

だから辞められて困るのは
完全に経営者やその職場のリーダーの責任です。

あなたが気にする必要はありません。

 

あと、人間には適材適所というものがあります。

今の仕事や職場が自分に合わなかったからと言って、
人間として終わってるってことには、死んでもならないですよね。

単純に自分に合った職場で
自分合った仕事をしたら、もっと輝けるかもしれません。

僕自身、会社員時代は
どこにでもいるごく普通のサラリーマンだったわけですが、
独立して投資を始めたからこそ、

今では日本でわずか0.1%しかいない、
資産1億円以上を持つ人間になれました。

参考記事:僕が投資家として稼ぐまでの過程を描く『真実の物語』

 

というわけで、今の仕事が辛いと言う人には、
僕は全力で辞めることをおすすめさせていただきますよ。笑

会社を辞めるリスクって何があるの?

もちろん、
辞めなくても続けられる、頑張れるのなら
今すぐ辞める必要はないと思います。

でも、さっき言ったように

・このまま頑張っても労働環境が改善される見込みがない、
・給料が劇的に上がる見込みがない、
・何か将来的に役立つ経験やスキルが得られそうにない

こんな職場であれば、冷静に考えて、
これ以上苦しい想いをして留まる理由はないでしょう。

ただ、確かに今の職場を辞めるリスクもあります。

・一時的に収入がなくなってしまう(退職金や失業手当がもらえるのであれば別)
・会社員という社会的信用を失う
・それまで積み上げてきたキャリアが消える

一番の問題はやはり
収入面になりますよね。

仮に別の会社に転職するとしても、
転職のための面接等を受けてる間は収入がなくなってしまいます。

まあ、その場合も、
前の職場からの退職金や、
もしくはハローワークに申請して失業手当をもらえれば賄うことができますけどね。

あと、会社員というのは意外と社会的信用が高いです。
結果、融資を受けたり、ローンを組んだりしやすいです。
いざという時に、会社という後ろ盾があるからですね。

なので、たとえば
「不動産投資」で家賃収入を得よう!
と思えば、銀行が喜んで融資してくれます。

今は「マイナス金利政策」の影響で、
銀行からかなり安い金利でお金を引き出せるので、
ぶっちゃけ借りれるだけ借りて、
それを投資に回して利回りを得る、というのはかなり賢い戦略です。

参考記事:マイナス金利から読み解く!今、日本人が投資をしなければならない理由

 

逆に、僕のようにベンチャー企業の経営者っていうのは
社会的信用が皆無です。苦笑

僕は後先考えず、ここらへんの知識もないまま
勢いで会社を辞めてしまったので、
あの頃に戻れるなら、会社員時代に融資だけは引き出して辞めるかもしれませんね。笑

会社を辞めるために「給料以外の収入の柱」を作ろう

ただ、結論から言えば、今の時代、
会社を辞めたとしてもなんとかなります。

むしろ、僕のように会社を辞めたことで、
会社員時代の何倍もお金を稼いで
自分の好きなことをして生きていける可能性もあります。

何より大事にしなければいけないのは、
キャリアではなく、自身の健康です。

これがうつ病になったりしたら、辛いですし、
より一層社会復帰が難しくなりますから。

というわけで、
僕なりに会社を辞める際のパターンを話すと、

①もうちょっと頑張れるかなーという人のパターン

まだ今すぐに会社を辞めなくても
なんとか頑張れるという人は、

今の仕事以外での収入の柱を、
早急に確保することをおすすめします。

というのも、
仕事を辞めたくても辞められない理由は
収入面での不安からです。

なので、辞める前にまず
本業と同程度の収入を得られる地盤を確保して、
この不安を解消しましょうと。

ただ、本業でうつになりそうなほど忙しいにも関わらず、
そこからさらにダブルワークで本業と同程度の収入を得るのは、
ちょっと現実的ではないですよね。

そこで、僕がおすすめするのが資産運用です。

すでにある資産を投資して運用するのであれば、
副業をしたり、起業したりするのと違い、
リスクも低ければ、作業時間もそれほどかけずに収入を得ることができます。

参考記事:起業?投資?どちらがおすすめ?生活苦を抜け出すための2つの方法

 

しかも、資産運用の最もいいところは、
自分はほぼ何もしなくても、
勝手に収入が増えていくことです。

僕自身、複数の収入の柱を持ってますが、
そのほとんどが僕自身は何もしなくても
収益をもたらしてくれます。

僕が現在、朝から晩まで何もしなくても
収入を得続けられるのは、
こうした「資産」をいくつも保有しているからなんですね。

参考記事:僕が最短最速で金銭的自由を手に入れられたたった1つの理由

 

で、実はこうした「資産」は
何か特別な才能がないと作れないものでは決してなく、

あなたにも作れる

ということです。

 

たとえば、現在僕の主な収益の柱の1つに、
FXの自動売買システムの利回りがあります。

参考記事:【暴露】本当に稼げる自動売買システムは存在するのか?

 

これなんて、取引をシステムに任せてるので、
自分でパソコンに張り付いてチャートを見ながらトレードする必要は一切ありません。

システムを正しいタイミングで起動させさえすれば、
後は放置でチャリンチャリンと利益を確実に出してくれるのです。

このように、今の時代、
会社で働く以外に収入を得る方法はいくらでもあります。

ぜひ、上司の顔色や世間の目を気にして、
一回しかない自分の貴重な人生を無駄にしないようにしましょう。

②今すぐ会社を辞めないとしんどいという人のパターン

この場合は、もう今すぐ辞めるしかないですね。笑

が、辞めても収入がすぐに途絶えるわけではなく、
退職金や失業手当で当分は食いつなぐこともできます。

その間、しばらくゆっくり休んで、まずは心身ともにしっかり回復させましょう。

で、体調が改善してから、転職活動を始めればいいと思います。

ただ、次の職場が今度こそ自分にマッチしてればいいですが、
そうではない可能性もあります。

その時のために、やはり
「給料以外の収入の柱」は絶対に持っておいたほうがいいです。

ちなみに、投資というのは在宅でできるので、
基本的に人と会わずに
一人で稼げるというのも魅力の一つですね。

前職時代、上司や同僚とのコミュニケーションが上手くいかず辛かった
という人にはなおさらおすすめです。

というわけで、もし今回の記事を読んで
投資で本業以外の収益の柱を作ることに興味を持たれた場合は、
こちらの無料メール講座でより詳しいやり方を話してるのでぜひ購読してみてください。

 

チェリーコークの真の資産構築メソッド

 

れでは!

チェリーコーク(木村裕一)

 
ブログ村 ランキング始めました! 応援(クリック)お願いします^_^


■常識に従って生きている限り、人は常に損をする


僕は28歳にして年収で6800万円を稼いでいます。



そんなこと言うとめちゃくちゃ怪しいですよね(笑)。



中には信じてくれる人もいますが

「結局お前には才能があったんだろ!」

と言われることが多いです。



でも、僕はもともと賢かったわけでも、

能力が高かったわけでもありません。



むしろ、優秀な兄妹の中で

自分だけ平凡以下の成績しか出せず、

大学にも落ちてしまいました。



まさに劣等感の塊。



そんな僕でも稼ぐための知識と

知恵を学んだことで自信を得て、

今では6800万円稼げるようになりました。



その秘密を今だけ以下のページで公開しています。




⇒28歳で僕が年収6800万円稼げるようになった理由

ccfooter

↑これから最短で投資家として成功したい方はぜひご購読ください(無料です)。

知らないと損するメルマガ

ccmail

はじめての方へ

ccmail

FXを学びたい方におすすめ記事一覧

不動産投資を学びたい方におすすめ記事

人気記事まとめ

ccmail

LINE@登録者限定プレゼント


↑PCの方は「@cherry_coke」でID検索!

特別企画

SNSで繋がりましょう!

FacebookBanner

TwitterBanner

mixiBanner

スクリーンショット 2016-05-07 16.47.10

【漫画】コンサル生に成功法則をガチ指導

初心者用レポート集

『年収1000万エリート投資家への最初の教科書』



『木村がFXで成功できた4つの理由』



『マイナス金利から読み解く!今、日本人が投資をしなければならない理由』

PAGE TOP